東京・神奈川・埼玉・千葉で探す!
こだわり別引越し業者ランキング

結婚、転勤、就職、入学などで引越しをする理由は人それぞれです。それでも共通することは「安心して東京での新しい生活をスタートさせたい」という思いでしょう。

その思いを叶えるためにはまず、自分の理想に適った引越し業者を選ぶことが大切です。引越し業者を選ぶポイントを把握し、失敗を防ぎましょう。

引越し業者を選ぶときは、

などのポイントを押さえておきたいものです。

予め相場を把握しておけば、引越し業者が提示する料金は適正なのか判断できます。また、国土交通省の許可を受けていれば、信頼して作業の依頼ができます。

他にも、引越し業者を選ぶ際に必要な情報を分かりやすく紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。そして、一大イベントでもある引越しを成功させ、安心の新生活をスタートさせましょう。

このサイトでは、東京・神奈川・埼玉・千葉で引越しをするなら絶対おすすめの引越し業者を15社厳選してご紹介しています。

その他にも引越しの際に覚えておきたい料金相場・節約ポイント・必要な手続き・トラブル対策などの知識をまとめました。

まずは15の引越し業者をそれぞれ、「料金」「安心・安全度」「プラン&サービスの充実度」で比較し、一覧表にまとめました。ランキングを選ぶと順位が変動するので、自分のこだわりポイントに合わせてチェックしてみてください。

こだわり別ランキングの結果

料金ランキング

東京の引越し業者に、同一の条件で見積もりを依頼し、安さを比較したトップ3ランキングです。料金を抑えたいと思う方にピッタリの格安引越しプランや割引サービス、上手な組み合わせ方のポイントなどについても触れています。実際に利用した方がどれだけ料金に満足しているかは、口コミ情報をチェックしてください。

*見積もりの主な条件:3人家族、2t~3t車使用、スタッフ2~3名、千葉→東京の引越し

  見積もり価格* コメント
1位 天草引越センター ¥51,975~
  • 同条件での見積もりの安さは、問い合わせた業者の中でダントツの1位
  • 単身者向けの「ミニ引越し」8,000円~など、格安プランが多い
2位 アート引越センター ¥75,600~
  • 低料金の「基本コース」にオプションを組み合わせる「ハーフコース」「フルコース」がある
  • 予算に合わせたプラン組みがしやすく、また無料サービスのオプションも多い
3位 アーク引越センター ¥83,500~
  • 見積もりが「荷物の量」と「作業内容」で決定する単純明快なシステムが特徴
  • 荷造りや食器梱包を自身で行う「節約プラン」もある

東京・埼玉・神奈川・千葉で格安に引越しをする方法に関しては、以下の記事で紹介していますので、是非ご参考にしてください。

安心・安全度ランキング

東京でおすすめの引越し業者の中から、安心・安全度の高い業者を、補償金額などで比較したランキングです。大事な荷物を任せるのに重要な要素である、徹底したスタッフ教育や補償制度のある引越し業者を厳選しています。各業者がどのような取り組みを行っているかもまとめていますので、ぜひ目を通しておいてください。

  最高補償金額 コメント
1位 ダック引越センター 2,000万円
  • 引越し作業中の家財道具の破損に対して、最大総額2,000万円の補償がある
  • スタッフは自社の研修センターで梱包・運搬・礼儀・接客マナー・交通マナーのカリキュラムを受ける
2位 アーク引越センター 1,200万円
  • 荷物の積み込みから引渡しまでの間に生じた破損・紛失に対して、最大1,200万円の補償がある
  • スタッフは専門トレーナーのもとで研修を受けてから配属され、その後も各地区のインストラクターの指導を受ける
3位 サカイ引越センター 1,000万円
  • 引越し中の破損には1,000万円の補償が付くが、高額品の搬送には別途で引越荷物運輸保険に加入する必要がある
  • スタッフは引越し現場をリアルに再現した研修施設で実践的な技術を身に付けている

プラン&サービスの充実度ランキング

引越しプラン・サービス内容が充実している東京の引越し業者を3社ピックアップ。それぞれの特徴をまとめて、ランキング形式で発表しています。各業者の引越しプランとその特徴、おすすめのサービス内容についても分かりやすく解説しています。口コミと合わせてご覧ください。

  プランの種類・サービスの特徴
1位 アート引越センター
  • 基本は単身プランと家族プランの2種で、それぞれ希望や予算に合わせて3つのコースがあります
  • レディースパック・学割パック・シニアパックなどお得なプランあり
2位 アップル引越センター
  • 単身者向けとファミリー向けに分かれ、それぞれ荷物量に合わせたプランが選べる
  • 引越し先での「盗聴器探知サービス」が無料で利用できる
3位 天草引越センター
  • 見積もり金額以上の追加料金はいっさい請求されず、清掃や家具の分解組み立てなどのサービスもある
  • 引越しの疑問や問い合わせに対応してくれる専門コンシェルジュがいる

引越し業者選びのポイントはサービスのバランスと見積価格

引っ越しイメージ料金・安全度・サービスなど、引越し業者を選ぶときに「何を重視するか」は人それぞれです。

しかし、1つの要素にこだわりすぎると他がおろそかになり、せっかくの引越しが満足できないものになる可能性もあります。

東京・神奈川・埼玉・千葉エリアだけでなく、引越し業者選びで大切なのはなんと言っても「バランス」。

1つの要素が飛び抜けてよかったとしても、他の要素がイマイチであれば全体的な満足度は低くなってしまいます。引越し業者を選ぶ際には、すべての要素で安定したサービスを提供しているところを選ぶようにしましょう。

また、引越し業者の品質は知名度や規模に左右されるものではありません。名の知れた大手の方が「サービスや補償がしっかりしているのでは?」と思いがちですが、技術・サービス内容ともに大手に引けを取らない業者がたくさんあります。

とくに、ランキングを見ても分かるように料金については大手よりも中小業者の方が融通がきく傾向にあり、安い値段で請け負ってくれるケースが多いようです。

引越しの技術・サービスにおいても、まったく問題はないことが利用者からの口コミ評判・満足度からも見て取れました。

東京・神奈川・埼玉・千葉でよい引越し業者を選ぶには、まず複数の業者に相見積もりを取ることが必須です。業者の規模にこだわらず、さまざまな引越し業者から見積もりを取ってみましょう。見積もりに納得した上で、自分たちのニーズに合っていてサービスのバランスがよいところを厳選するのが、後で後悔しない引越し業者選びのコツです。

引越しをするときは荷物の量を見てプランを選ぶ

一口に引越しと言っても、荷物量によっては規模が変わります。引越しをするときには、荷物量に合わせて最適なプランを選択するのが基本です。

例えばファミリー世帯の引越しなら、荷物も多くなりがちなので、トラックも四トンレベルのものが必要になるでしょう。夫婦二人世帯なら、二トントラックが一台あれば十分かもしれません。単身世帯の引越しなら、トラック自体が不要であるケースも多いです。単身パックと言って、荷物だけを宅配便のように輸送してもらえるサービスがあるので、それを使うだけでも十分な場合があるのです。

ただ、一般的に引越しはそう頻繁にするものではありませんから、自分に合ったプランを選択することは容易ではありません。よく分からない場合は、引越し業者に相談をしてみるのが手っ取り早い方法です。

見積り依頼をすれば、営業担当者の人が自宅まで来てくれます。相手はプロなので、部屋の中を一通りチェックするだけで最適なプランを提示してくれるはずです。

どの程度の大きさのトラックが必要で、当日何人ぐらいのスタッフが必要なのかも瞬時に判断してくれます。手間がかからないのはもちろん、その場で料金の相談もできます。

ちなみに、見積もりを取るだけでも無料で梱包用のダンボールをサービスしてくれることがあり、その意味でもお得感は強いです。

見積もりだけなら無料という業者がほとんどなので、積極的に利用してみましょう。この方法なら、間違ったプランを選択して無駄に高い料金を支払う必要がなくなります。

引越し業者では様々なオプションサービスがついている!

東京の引越し業者では、荷物の運送だけでなくペットの運送や荷物の梱包、家具の配置など様々なオプションサービスを展開しています。

基本料金の他に追加料金が必要となりますが、仕事で忙しく時間がない人や、小さい子供を抱えていて引っ越しの準備ができないという人には人気のサービスです。

業者によってオプションの種類は異なります。また、同じようなオプション内容でも業者によって料金設定は異なるので、依頼する前に複数の業者を比較しましょう。

ピアノ運送サービス

大抵、どの引越し業者でもピアノの運送サービスを展開していますが、大切なピアノを預けるのは心配だという人はピアノ専門の運送業者に依頼しましょう。

ピアノの運送料金については、種類と運ぶ距離によって決まります。アップライトピアノであれば1万8千円程度で、運送距離10キロごとに2千円ずつ加算されていきます。

アップライトよりも大きなグランドピアノは、安くとも3万円程度必要となります。アップライト同様、基本料金が3万円で運送距離10キロごとに料金が加算されます。最も安いのがエレクトーンの運送で、1万3千円程度です。どんなに遠くとも3万円あれば目的地まで運送してもらえるでしょう。

ただし、マンションにエレベーターがついていない、クレーンを使用しなければ自宅から運び出せないといった状況の場合には、特殊料金が追加されます。5千円から1万円程度多く支払う必要が出てくるので、住居からスムーズに運び出すことが難しい場合には事前に業者に相談してください。

エアコンの移設サービス

ピアノ同様に一般的な引越し業者では、エアコンの移設作業も引き受けてくれます。エアコンの取り外しと取り付けに関しては、大抵2万円以内で引き受けてもらえるので、新居に移設したい場合にはオプションサービスを申し込むといいでしょう。

エアコンは10年が寿命だといわれています。買ってから数年経っているエアコンに関しては、移設よりも買い替えた方がいい場合もあるので、エアコンの寿命を考えて移設か購入かを決めましょう。

エアコンを自力で移設しようとする人もいますが、取り外しや取り付けには専門的な知識と技術が必要です。素人が行うと最悪、エアコンが故障したり破損したりすることがあるのでプロに任せましょう。

一般的な引越し業者では、2万円程度でエアコンの移設を引き受けていますが、引越しとパックで申し込むなど、他のサービスと併用することでいくらか割り引いてもらえることもあります。業者とよく相談して、少しでも費用を抑えられるように工夫しましょう。

車の輸送サービス

引越し業者では、オプションサービスの一環で車の輸送も引き受けています。引越し先に車も持っていきたいという人は、見積もりの際に車の輸送費についても確認しておくといいでしょう。

引越し業者に依頼したとしても、実際に車を運ぶのは専門の輸送業者であるため、仲介料金を支払うことになります。費用を抑えることを最優先に考えている人は、引越し業者を介さずに直接車の輸送業者に依頼するというのも一つの手です。

引越し業者とは別に依頼する必要があるので手間と時間はかかりますが、料金はいくらが抑えることができるでしょう。費用だけをみれば、自身で車を運転して陸送を行うことが一番ですが、長距離運転に慣れていないと危険です。

特に引越しの準備で精神的にも体力的にも疲れている時に運転を行うと、事故を起こす危険性が高まります。自身や家族だけでなく、周囲の人にまで迷惑をかける恐れがあるので、多少料金を払ってでも専門の業者に任せることをおすすめします。

都内の引越し相場をチェックしておこう!

東京都内で引っ越しを行う場合と、神奈川や埼玉など近隣の県に引っ越す場合では料金が異なります。また、荷物の量や引越しの時期などによっても引越し料金は異なります。相場価格をチェックしておいて、見積もりの際に相場と大きな差がないかという点だけしっかり確認しておきましょう。

ワンルームの相場

ワンルームの引越し相場は、近隣に引っ越す場合は2万円から3万円、都外に引っ越す場合は4万円から7万円が相場です。この相場価格はあくまで基本料金なので、荷物の量が多い場合や繁忙期に当たる春先に引っ越す場合は、更に料金が加算されます。

反対に、単身パックなどの安いプランを利用すればもっと費用を抑えられるでしょう。荷物を最低限に抑えてオプションを一切利用しなければ、2万円以内に抑えることもできるので、不要なものは処分したり宅配便を併用したりするなど工夫しましょう。

荷物が少ないのであれば、大物家電やインテリアだけを業者に運送してもらって細々としたものは自家用車で自力で運ぶという方法もあります。繁忙期だと通常の引越し料金の1.5倍程度割増されることになるので、タイミングを選ぶことも大切です。

2K・2DK・2LDKの相場

2Kや2DK、2LDKといえば二人世帯が多いですが、二人世帯の平均的な引越し相場価格は7万円から8万円程度です。二人世帯の場合は引越し料金をもっと抑えることも可能ですが、共働き世帯が多く、オプション料金が多くかかってしまうという点が落とし穴となっています。

基本料金は5万円程度にも関わらず、引越し準備が追いつかなくて荷物の梱包を業者に依頼したり、荷解きを依頼したりして7万円近くかかってしまうということも珍しくありません。

可能であれば二人で休みを合わせて、短期間で集中的に引越し作業を終わらせましょう。日中は仕事があるのなら、夕方に引越しを行っても良いでしょう。

引越し料金は日中よりも夕方のほうが安くなるので、どうしても料金を抑えたいというのであれば、あえて暗くなってから引っ越すという方法もあります。

3K・3DK・3LDKの相場

3Kや3DK、3LDKに多いのが3、4人の家族世帯ですが、引越し料金の相場価格には大きく開きがあります。

子供がまだ小さいのであれば、10万円以内に費用を抑えることもできますが、子供がある程度大きいのであれば荷物の量が多く、20万円以上かかることもあります。

反対に、子供がある程度自分で荷物を梱包できるのであれば準備はスムーズに行なえますが、子供がまだ手のかかる年頃であればオプションを利用して料金が高くなることもあります。家族でどこまで準備ができるのかをよく考えて、引越しが決まったら早い段階から少しずつ準備を進めておきましょう。

家族世帯の場合、平日の引越しは難しいため土日祝日の割増料金を支払うことになります。ホームページから申し込むと割引してもらえるような業者もあるので、特典を利用して費用を節約しましょう。

4K・4DK・4LDKの相場

四人家族以上の世帯の場合の引越し料金の平均は安くとも12万円、高ければ25万円となります。部屋数が多ければ当然荷物の量も多くなりますが、特殊運送が必要な荷物の有無が焦点となります。

ピアノやエアコン、車など、運び出しと運送に特別な機材の使用や、人員を必要とする物があれば、引越の基本料金に更に数万円加算されることとなります。

また、マンションにエレベーターが備え付けられているかといった点も、重要となります。エレベーターがない状態で大量の荷物を運び出す場合、作業員を多く揃える必要があります。当然費用は高くなってしまうので、特殊運送が必要なものは直接専門の運送業者に依頼するなどして、極力費用を抑えましょう。

一戸建ての相場

一戸建て住宅の引越相場価格は、10万円程度です。一戸建ての場合は、荷物の量が多く引越し費用が思っていたよりも高くなってしまったということが少なくありません。引越しが決まったらすぐに荷物を整理して、量を抑えるように務めましょう。

また、一戸建て住宅の場合、2階の荷物が運び出せないという点も問題となります。住宅内の階段では荷物が通らない場合、クレーンを使ってベランダから外に出すことになりますが、クレーンを使うと当然追加料金が発生するので注意しましょう。

荷物の量を抑えて繁忙期を外した場合は、一戸建て住宅でも5万円程度で引っ越すことは可能です。荷物の量が多いのではないかと心配な人は、無料見積もりを依頼して一度料金を確認しておくといいでしょう。

引越し料金を安くおさえる3つのコツ

引越し料金は、必ずしも一定ではありません。時期によっても変わりますし、荷物量によっても変わります。業者の中には、価格交渉に応じてくれる場合もあるでしょう。どのようにすれば料金が抑えられるのかを知っておくと、いざ引越しをするというときにも経済的な理由で困ることが少なくなります。

1.引越しする時期・タイミングを考える

他の業界と同じように、引越し業界も繁忙期ほど利用料金が高くなります。繁忙期なら、多少強気な見積り価格を提示しても問題なく契約してもらえるからでしょう。

日本では、主に春先に引越し価格が上昇します。新年度から新しく大学や会社に通う人が増えるのがその理由です。三月前後をピークにして見積り価格は高くなるので、その時期を回避することが重要です。

繁忙期に入る前、できれば冬が始まる前あたりに引越しをすれば、料金は抑えられることでしょう。

早くから準備ができないというのであれば、逆に少し時期を遅らせてみてもいいでしょう。ホテルやマンスリーマンションを使って繁忙期をやり過ごし、数カ月後に引越し依頼をすれば、高い料金を支払う必要はなくなります。

2.荷物の量を少なくする

一般的に引越し料金は、荷物量が多くなればなるほど高くなっていきます。荷物の量が多いと、より多くのスタッフが必要になるので当然でしょう。

荷物量を抑えるという工夫は、引越しコストを抑える上では重要度が高めです。新生活に不要なものは、思い切って捨ててしまうのがいいでしょう。

そうするだけでも、見積もり時に提示される料金は驚くほど低くできます。よくよく考えてみればいらないというものは、身の回りに意外と多くあります。一度きちんと整理をしてみましょう。

また、必要なものであっても、自分一人で運べるなら運んでしまうのがベストです。大きな家具や家電でもなければ、たいていのものは車一台あれば素人にでも運べてしまえます。小物が入ったダンボールや衣装類、本の類などはあらかじめ新居に運び込んでおくと、引越し業者に支払う料金に無駄がなくなります。

3.業者の一括見積り&交渉をしてみる

ネット上には、複数業者からの見積もりを一括で取れるサイトがあります。こうしたサイトを使えば、時間をかけずに最も安い業者がどこなのかを把握できるようになって便利です。

また、引越し料金を安く抑えるコツでもう一つ重要なのことがあります。値下げ交渉に応じてくれる業者を探すというのがそれです。

引越しの料金は多くの場合で、明確にいくらと決まっているものではありません。タイミングや荷物量に応じて、ある程度の幅があるわけです。価格交渉に応じてくれる業者なら、その幅の中で最も安い料金にしてくれる可能性が出てきます。

いくら値引いてもらえるかは交渉次第で変わりますが、荷物が少なければ数千円、多ければ数万円も値引きしてもらえる可能性が出てきます。

料金よりも時間を優先するなら業者にお任せしよう

引越しは、一人ですることも不可能ではありません。毎日少しずつ、マイカー等で荷物を新居に運び込めばいいだけだからです。高度な技術が必要になる作業ではないので、時間と労力さえかければ素人にでもできます。

ただし、荷物が多いと膨大な時間がかかってしまうのは仕方のないところです。下手をすると、一週間以上の時間がかかることも考えられます。急ぎの場合には使えない方法になりますし、仕事をしている人なら、業者に頼んだ方がいい場合も多くなるでしょう。

業者に依頼をすれば、基本的には一日か二日で引越し作業は終了します。体力も消耗しないため、仕事にも支障が出ません。料金よりも時間を重視するなら、業者に依頼をするのがセオリーです。

業者の力を借りるのならまずは「見積り」を取ろう!

引越しは自力ですることもできますが、多くの人が業者を使っています。荷物量が多くなれば、何度も往復をしなければならないからです。業者なら大きなトラックで一度に荷物を運んでくれて便利です。短時間で引越し作業が済ませられるので、新生活もスタートさせやすくなることでしょう。

業者の力を借りるのなら、まずは見積もりを取るところから始めるのがセオリーです。見積もりを取らずにいきなり一つの業者に仕事を依頼すると、料金が高くついてしまうことがあるからです。

複数の業者に見積もりを出してもらって、できるだけ安い値段で作業を請け負ってくれるところと契約しましょう。引越しの値段は業者によってかなり差があります。荷物量が多くなれば、その差は数万円どころか十数万円に達することも考えられます。甘く見てはいけません。

サービスの質も、見積もり時にチェックすることができます。営業の方に色々と質問もできるので、分からないことがあれば潰しておきましょう。

大手なら見積もりは無料だというケースが多いです。また、見積もりを依頼するだけでダンボールがもらえたり、お米がもらえたりすることもあります。もちろん料金やサービスに納得ができなければ、契約をする必要はありません。

最近は簡単な見積もりならオンラインで済ませることも可能です。複数の業者の見積もりを一括で取れるサイトも出てきていますし、仕事が忙しくて営業の方に自宅まで来てもらう時間がなくても問題ありません。

見積り依頼で必要な情報とは?

見積もりを依頼する際には様々な情報が必要になります。まず基本的なこととして、依頼者の氏名や住所、電話番号等は必要不可欠です。

また引越し先の住所や、希望する作業日などの情報もなければいけません。これらの情報が確定するまでは、見積もりを依頼してもあまり意味はありません。

荷物量がどの程度になりそうかも調べておく必要があるでしょう。それによって、当日のスタッフの数も変更していかなければなりません。トラックの大きさや数も荷物量によって変化します。特にタンスやベッド、冷蔵庫やピアノなどの数は具体的に把握しておく必要があります。これらが把握できていないと当日運べないという事態に陥ることもあるからです。

細かいことかもしれませんが、引越し先にエレベーターがあるかどうかなども把握しておくとベストです。業者によっては作業がしやすいかどうかで料金が変わることもあるからです。建物前の道幅も調べておきましょう。建物の前までトラックで行けるかどうかは、作業のしやすさに大きく影響してきます。

業者の方が自宅まで来てくれるなら、事前に調べておくことは少なくなります。電話やオンラインで見積もり依頼をするなら、自分で調べることは多くなります。

見積りを依頼するタイミング

引越し業者に見積もり依頼をするタイミングは、早すぎてもいけませんし、遅すぎてもいけません。早い場合は数ヶ月前に依頼することもありますが、引越し当日までに長い時間が空いてしまうと、状況が変わってしまうことも考えられます。荷物の量は日々細かく変化しているので、できれば二週間から一ヶ月ほど前に依頼するのが理想です。

このぐらいのタイミングで見積もり依頼をすれば、当日の荷物量にも大きな変化が現れにくいからです。数週間の余裕があれば、複数社に見積もり依頼をして、その中からベストな選択をすることも十分可能でしょう。

また、どんなに遅くても予定日の三日前までには見積もりを終わらせておくのが理想です。それ以上遅れると、そもそも契約を断られてしまうことがあるからです。スケジュールの都合がつけられず、他をあたってくださいと言われてしまうことが多いのです。

ただし、単身で荷物量が少ないなら、前日に見積もり依頼をしても問題は発生しないケースが多いです。単身パックなどを使う場合であれば、宅配便とサービス内容的にはあまり変わりがありません。急に見積もり依頼をしても、申し込みをしても、問題なく受け付けてもらえるパターンが多いです。

見積もりの依頼方法

見積もりの方法は主に三つあります。一つが、訪問見積もりです。これは営業担当の方に自宅に来てもらって、状況確認等をしてもらい、その場で見積もりをしてもらう方法のことを指します。荷物量をプロの目で確認してもらえるので、確実性は最も高いです。詳しい質問もしやすいので、分からないことがある場合にも最適です。訪問見積もりならではのサービスが用意されている点も見逃せません。

電話見積もりでは、荷物量を直接見てはもらえません。しかし、オペレーターの人が適切に質問してくれるので、心配をする必要はないでしょう。大手なら、見積もり専用の電話番号も用意されています。

最近はオンライン見積もりができる業者も増えてきました。これが最もアバウトな見積もり方法になります。ただ、24時間いつでも気軽に見積もりが取れるというメリットは大きく、多くの方に利用されています。

【1】電話見積もり

引越し業者のホームページに行けば、見積もり用の電話番号を知ることができます。大手ならフリーダイヤルで電話料金を気にせずに相談できるケースが多いです。

地元の小規模な業者を利用するときにも電話見積もりができる場合がありますが、電話代には気をつけましょう。小規模な業者はフリーダイヤルを利用しておらず、代表の携帯電話番号しか記載されていないケースが多いからです。

大手なら、専用のオペレーターが対応をしてくれることが多いです。マニュアルが用意されていて、質問に答えていくだけで見積もりは終了します。引越しが初めてで何を話せばいいか分からなくても、特に問題はないでしょう。

ただし特殊な事情がある場合なら、電話口で判断できない可能性も出てきます。その場合は、後日訪問見積もりをしてもらうこととなります。

【2】訪問見積もり

訪問見積もりは、昔ながらの見積もり方法です。引越し業者の営業担当者が自宅まで来てくれるので、その場で荷物量等をチェックしてもらいます。

経験豊富なプロの目でチェックをしてもらえるので、確実性は高いです。詳細で間違いのない見積もりをしてもらえますし、分からないことがあれば質問もできて便利です。何か事情がない限りは、訪問見積もりをしてもらうのがおすすめです。

訪問見積もりも、引越し業者のホームページに記載されている電話番号から依頼することができます。大手なら、訪問見積もり用の申し込みフォームがあって、簡単に申し込みを済ませることができます。氏名や住所、希望日や希望時間を入力して申し込みをすれば、折返しメールが来ます。

見積もり一括サイトを利用するのが便利!

見積もりは、できるだけ多くの引越し業者にしてもらわなければいけません。なぜなら、業者によって料金設定には差があるからです。少しでも安い業者を探したいなら、複数業者で見積もりを取る必要があります。東京に住んでいるなら、埼玉や神奈川あたりの業者まで調べてみてもいいでしょう。

ただ、訪問見積もりを複数業者にお願いするのは大変です。他府県の業者まで候補にいれるならなおさらです。いちいちスケジュールを空けておかなければいけませんし、見積もり作業自体にも時間がかかります。

複数業者で見積もりを取るなら、まずはオンラインで簡単に済ませるのが基本です。最近は一括で複数業者から見積もりが取れるサイトも出てきました。精度はそれほど高くありませんが、大体の値段を知りたいときには便利です。

この方法は、データの入力が一回で済ませられる点にメリットがあります。それぞれの業者でオンライン見積もりを取ると、毎回細かいデータを入力していく必要がありますが、一括見積ならその必要はありません。時間の短縮に繋がりますし、引越し期日が迫っているときにも便利です。

ただ、特殊な荷物がある場合には直接業者に相談する必要があります。しかしそれでも、安い業者を数社まで絞り込みたいときには有効活用できます。

粗大ごみの出し方(東京編)

区によって粗大ごみの出し方も微妙に異なるのですが、基本的には申し込みをして引き取りに来てもらう形となります。

もちろん、無料ではありません。何を捨てるのかによって細かく料金が違いますが、有料です。

例えば照明器具や椅子なら400円、学習机やシングルベッドなら1200円といったふうに、品物に寄って細かく値段が決まっています。

必要な値段分の「有料粗大ごみ処理券」を購入して、当日粗大ごみに貼り付けておきます。そうすると業者の人が、それを目印にして回収してくれるというシステムになっています。

ちなみに「有料粗大ごみ処理券」は、清掃事務所や清掃センターだけではなくコンビニエンスストアででも購入できるため、深夜に買うことも可能です。

粗大ごみの出し方(埼玉編)

さいたま市でも、粗大ごみは有料で回収をしてもらうのが基本です。事前に出したいゴミのサイズを計測しておき、電話で回収の依頼をします。粗大ごみ受付センターの電話番号はネットででもすぐに分かるので心配無用です。

「さいたま市粗大ごみ等処理手数料納付券」というシールを購入して粗大ごみに貼り付け、回収してもらいます。一回に出せる粗大ごみの数は四つが限度なので気をつけましょう。

また、自分で環境センターに持ち込むという手法も使えます。受け付け時間内に身分証を持っていけば、回収してくれます。

この場合は、処理費用をその場で支払えばいいので、シールを貼る必要はありません。ちなみに、さいたま市では処理手数料が決まっていない粗大ごみが多いので、重量によって最終的な費用を決めることが多いです。

粗大ごみの出し方(神奈川編)

神奈川県も、市によって粗大ごみの出し方は変わります。横浜市なら、まずは「粗大ごみ受付センター」に電話をします。申し込み時に、収集日や手数料などについて案内があるので、それに従えば問題ありません。ちなみに、インターネットでも申し込みは可能ですし、FAXでも申し込むことはできます。

申し込みをしてから、収集日までには、およそ二週間ほどかかります。早めに申し込みをしておくのがいいでしょう。

東京や埼玉と同じように、神奈川でも粗大ごみにはシールを貼り付けて回収してもらいます。氏名を書く欄がありますが、個人情報を少しでも漏らしたくない場合は、イニシャル等で代用をすることができます。ただ、申し込み時に相談をしておく必要はあります。

引越しの準備は荷造りを上手に行うと簡単になる!

荷造りを工夫するだけでも、引越しの準備は楽になります。まず基本的に、普段あまり使わないものから梱包をしていくといいでしょう。そうすれば、早い段階からでも荷造りを開始できます。早くから準備をしておけば、引越し日が迫ったときに慌てずに済みます。

また、業者の中には専用の衣装ケースや食器入れを貸し出してくれるところもあります。そうしたものを使っていけば、よりスムーズに準備は進められます。当日の作業もしやすくなりますし、衣装を傷付けたり食器を割ったりせずに済みます。

ちなみにですが、業者によっては荷造りからすべて依頼できる場合もあります。やり方が分からなかったり時間がなかったりするなら、そうしたサービスを使うのもいいでしょう。

荷造りを手早く行うためにはコツが必要

引越しをする上で最も大変なのは荷造りです。一人暮らしの場合は荷物も少ないのでさほど時間はかかりませんが、家族で引っ越しとなると荷物も多く、荷造りをするだけで数日かかってしまう事があります。

そんな引っ越しの荷造りを手早く行うコツとは、まず部屋をブロックごとに分けます。ブロックごととはキッチン・トイレ・洗面所やお風呂場といった形でわけて作業をすることです。ブロックごとに分けたら、そのブロックごとにグループを分けて作業をすると早く荷造りをすることが出来ます。

部屋をいくつかのブロックに分けると片付けやすい

グループごとに分けることで、何から手を付けて良いのか判断がしやすくなるため、作業がはかどりやすくなります。例えば午前中は今の片づけ、午後はキッチンや洗面所といった感じで分けていくことで作業効率も必然的にアップします。

また、洗面所やトイレなど大まかなグループに分けたら、そのグループの中でも更に細かく分けます。例えば洋間の場合、クローゼット・テレビやリクライニング・ベッドといった感じで分けます。この分け方は例えば今住んでいる場所から新しい場所へ引っ越しをした際も、同じ配置でレイアウトをする荷物ごとに分けると、新しい住居へ移り住んだ後も配置がしやすくなります。

その際使用頻度が高い順に荷物を詰めてしまうと、引越し前にその荷物を使いたい場合、また段ボールを開けて探さなくては行けなくなります。ですから段ボールへ詰めていく順番として効率がいいのは、使用頻度が一番低い順に荷物を詰めていくようにすることです。

荷物が重くならないためのテクニック

引越しの荷造りでやりがちなのは荷物が重くなってしまう事です。まだ入るからと言って1つの段ボールにどんどん荷物を入れていってしまうことがあり、持ち上げた際に重くて持てなかったり段ボールの底が壊れてしまったりして中に詰めたものが落下して破損してしまったという話はよくあります。

例えば一つの段ボールを最大重量20kgから25kgと重さを決めておくのもポイントです。重さをはかるものも時間もないという場合、目安は「自分で持てる重さ」です。

衣類を収納するときのコツ

引越しをする際に服の荷造りで気をつけたいのは服のしわや汚れです。せっかくのお気に入りの服も、引越しの荷造りでしわになったり汚れてしまったりしては気分も下がってしまいます。

衣類の畳み方としては、細かく畳みすぎないことです。シャツの場合はお店で売られている時のような四角い畳み方で十分です。この畳み方なら段ボールに入れた際もしわになることがありません。箱に詰めるときも汚れを防止するために綺麗な新聞紙もしくは広告を敷くといいでしょう。

服を詰め終わったら上からも綺麗な新聞紙や広告を載せると汚れを防ぐことが出来、万が一手が滑って落下し、ふたが開いても汚れを防ぐことが出来るからです。

また、引越しの荷造りついでに入らない衣類を捨てることで荷物を少なくすることが出来ます。虫食いや脇の部分が黄ばんでいる、体型が変わってきれなくなった服は引っ越しの荷物の中に入れるのではなく、処分をすることで引っ越し先に運ぶ荷物を最低限にすることが出来ます。

寝具を収納するときのコツ

寝具が引っ越しの当日まで使うものなので、収納は最後にしましょう。寝具は運搬をする際に埃が付着してしまう事があります。その埃の付着を防ぐために、布団カバーを使用しましょう。

布団カバーはホームセンターへ行けば簡単に手に入るものです。不織布で出来ていて立体的に形が整っているものがちょうどいいです。この布団カバーを購入すれば引っ越し先でも収納用品として使用することが出来るのである程度丈夫なものを選ぶようにしましょう。

シーツやカバーは本体を汚れから守るためにあえてつけたまま運送するという人が多く、汚れても洗濯をすればまた綺麗になるので、本体を汚れから守りたい場合は、シーツやカバーはそのままつけたまま運送するようにしましょう。

更にコンパクトにしたい場合、圧縮袋に入れて収納をすると持ち運びしやすく防水対策や臭い対策をする事もできます。羽毛布団の場合圧縮袋に入れてしまうと劣化や羽がつぶれてしまう事があるので、羽毛布団の場合は圧縮袋よりも布団カバーのほうがおすすめです。

家電は業者に運んでもらう前に準備しておこう

引越しのなかで特に大きな家電と言えば冷蔵庫です。冷蔵庫を運ぶ際に霜取りと水抜きをする必要があります。霜取りとは冷蔵庫内にできた霜を溶かす作業のことを言います。水抜きとは冷蔵庫の蒸発皿にたまったつまり水を捨てる作業の事です。

最近の冷蔵庫はほとんどが自動で霜とりをしているため、霜がつくことはあまりないのですが、古い冷蔵庫を使用している場合は、霜がついてしまう恐れがあるため、念のためにどの冷蔵庫も霜取りと、水抜きをしましょう。霜取りと水抜きをしないと、運搬中に水がこぼれてしまい、床や荷物を汚してしまう恐れがあるからです。

霜取りの方法は冷蔵庫の電源を切ります。電源を切ることで冷蔵庫内の温度が上昇し、霜が解けで蒸発皿にたまります。季節にもよりますが、夏の場合は10時間、冬は外気温が低いので15時間はかかるといわれています。この時間を考慮して、引越しの2日前までには電源を切るようにしましょう。自動製氷機能がある冷蔵庫は、かならず製氷機の水も捨てることを忘れないようにしましょう。

次に洗濯機です。洗濯機も水抜きは必要です。蛇口を閉めたらスイッチを入れて適当にコースを進めて給水ホースの中にたまった水を抜きましょう。石油ストーブは灯油処理が必要です。内部に灯油が入ったまま運送すると漏れ出してしまった荷物が灯油で汚れてしまう事もあります。ポリタンクも内部に灯油が入ったままだと運んではくれないので灯油販売所で有料になってしまいますが処分を依頼しましょう。

引越し当日に必要なものとそうでないものをリスト化しておこう

引越しをスムーズにするためにも、まずは引っ越し当日に必要なものとそうでないものをリスト化するようにしましょう。引っ越し作業で必要なものは梱包資材の段ボールやガムテープに紐、緩衝材のプチプチです。紐を切るためのはさみと荷物の中身が何かわかるように書くためのマジックペン、ゴミ袋や掃除道具が引っ越し当日に必要なものリストの中に入ります。

引っ越し当日には新居のカギは当然必要です。新居のカギ以外にも持っていくべきものは持ち歩き線用バック、」財布や通帳委員間などの新居の契約時に必要なもの、スマートフォンにモバイルバッテリーなどがあげられます。これらを一つのカバンにまとめておくと、引越しで忙しくてもスムーズに出すことが出来ます。

更に新居へ移った際にご近所の方へ挨拶に伺う際の挨拶品は事前に用意をしておきましょう。これら以外のものは不要なものとして段ボールに入れるようにしましょう。例えば電子レンジなどの調理器具関係は、引っ越し当日まで出しておく必要はありません。ですから早めに段ボールに詰めるようにしましょう。

荷造りは余裕を持って終わらせておこう

東京や埼玉、神奈川へこれからお引越しを考えている人もいるでしょう。その際、まずは荷造りからスタートしますが、荷造りは大体1週間近くかかると予測しておくといいでしょう。特に今は共働き世代も多いため、予定ぎりぎりになって引っ越し準備をしては間に合いません。

そのため、引越しが決まったらまずは1か月前から不要なものを捨てるようにします。不要なものを処分することで、引越しの荷物を最小限に減らすことが出来ます。特に女性の場合、衣類が最も多い荷物となる為、何年も着ていない衣類はこの際処分するといいでしょう。

荷造りは効率的に行えるようにブロックごとに分け、新居へ移った際もスムーズに移動が出来るように、グループごとに分けるようにしましょう。またどうしても荷物をまとめることが間に合わない場合は、引越しの日にちをずらすことも可能です。他には荷造りできなかった分は自力で後日運んだり、逆に荷造りできなかった分を捨てたりするようにしましょう。

家具や家電を運ぶ際のポイントを紹介

特別な準備をせずとも、優良な引越し業者であれば全て丁寧に梱包した上で運び出してくれますが、全てを業者に任せてしまうとその分引越し当日に多くの時間が割かれます。

また、全く準備をしていない状態では作業員の数を増やす必要があり、引越し料金が高くなる傾向にあります。

引越しの時間を短縮して料金も節約したいという人は、家具や家電は事前に掃除をしたりまとめたりしておき、当日スムーズに運び出せるように準備しておくといいでしょう。

洗濯機は運ぶ前にコンセントなどを外しておく

洗濯機や冷蔵庫のように水を使う家電は、電源を切ったからといってすぐに運び出せるわけではありません。

水抜きをしなければびしょ濡れのまま運ぶことになってしまうので、前日には水抜きを行って置くといいでしょう。水抜きを行うためには、まずは給水栓の蛇口を閉めて、通常コースでいいので一度洗濯機を回しましょう。

そうすることで、ホース内に溜まっている水を排出することができます。次に脱水コースを選択すれば、洗濯機の内部に残っている水も排出できます。一晩蓋を開けておけば十分に乾燥できるでしょう。

洗濯機のホースやコンセントも抜いて置くことで、翌日にはスムーズに運搬作業に入れます。コンセントを抜き忘れていると、気づかずに洗濯機を動かしてコンセントを傷めることがあるので注意が必要です。

電源コードはアースと一緒に、輪ゴムやガムテープでまとめて固定しておくといいでしょう。また、運搬の際に洗濯機の蓋が空いてしまうことがあるので、ガムテープで留めておくと安心です。

冷蔵庫は中身を空にしておくことが大切

引越しの際に真っ先に準備を開始しなければならないのが、冷蔵庫です。冷蔵庫はコンセントを外して運ぶことになるので、中に食材を入れておくわけにはいきません。

引越しの前日には中身が空になるように、計算して食材を消費しましょう。もしも冷蔵庫の中身がたくさんあって消費しきれないという場合には、知人や友人に事情を話して使ってもらいましょう。

さすがに使いかけの食材や口をつけたものを渡しては失礼なので、あくまで未開封で捨てることがもったいないものだけを渡しましょう。家族で消費したい食材がある場合には、冷凍宅配便で新居に送ったり、保冷剤を入れたクーラーボックスに保存したりしておいてください。

冷蔵庫の中身が空になったら、洗濯機と同様に前日には電源コードを抜いて水抜きをしておきましょう。

冷蔵庫内に霜がついている場合、電源を切ると霜が溶け出して水日だしになる恐れがあります。電源を切ったら扉を開け放したままの状態にして、扉の前や床にタオルを敷き詰めておきましょう。

ベッドはマットレスなどを片付けておくと楽

引越しの際に準備に困るのが、ベッドです。引越し当日の朝まで使用するものなので、マットレスや布団はいつ片付ければ良いのかわからないという人も少なくないでしょう。

布団カバーを外すのかそのままにしておくのかという点も、迷いどころだといえるでしょう。ベッドは当日の朝までいつもどおりに使用して、当日の朝に片付ければいいでしょう。

引越しが始まってから準備をするとホコリがついて汚れる可能性が高いので、朝起きたら引越し業者が自宅に来る前に準備しておいでください。布団はカバーを付けたままゴミ部クトなど大きな袋に入れるといいでしょう。

布団カバーは洗えますが、布団を洗うことはできません。カバーを付けたままであれば、万が一袋が破れて汚れてしまって洗えるので安心です。同様にマットレスや枕も大きめのビニール袋に入れておきましょう。

マンションやアパートからベッドを運び出す際には、解体が必要となる場合があります。引越し料金に解体料金が入っているか確かめて、入っていないようなら当日の朝に解体まで済ませておくことが理想です。

一般的に活用されている引っ越し業者のトラックの種類

引越し業者では、引越しの規模に合わせて様々なトラックを用意しています。プランに合わせて自動的にトラックを選んで貰える場合もあれば、トラックの大きさで料金が決まることもあるので、引越し料金を節約したいという人はまずはどのトラックを使用するのか決めておきましょう。

トラックの大きさに合わせて不用品を処分するなどして荷物を減らせば、引越し料金を節約することが可能になります。引越し業者によってトラックの選び方は異なるので、使用するトラックの種類を自分自身で選びたい場合には依頼前に予め業者に希望を伝えておくといいでしょう。

東京だけでなく、埼玉や神奈川には多くの引越し業者が存在するので、希望に合ったプランを用意している業者を見つけられるはずです。

単身赴任などの引っ越しにピッタリな軽トラック

荷物が少ない場合や、一人暮らしの引越しに便利なのが軽トラックです。軽トラックであれば、小さいサイズの家電製品なら一通り積載できます。更にダンボール10箱程度は積み込めるので、一人暮らしであれば十分な量荷物を運搬できるでしょう。

引越し業者をはじめ、便利屋や不用品回収業者に引越しを依頼する場合、軽トラック一台分に荷物を積み込めるだけ積み込めるというサービスがあります。軽トラック一台という単位で契約を結ぶので、荷物が少なくても多くても料金は変わりません。

積み込み放題であれば荷物が多いほどコストパフォーマンスがいいといえますが、軽トラックに積み込める荷物の量は法律によって規制されています。まだ余裕があると感じても、積載量350キログラムまでしか荷物を積み込めないので注意しましょう。

軽トラックだけでは運べないほど荷物の量が多い場合には、2トントラックに切り替えるなどの対応が必要です。

反対に荷物が少なかったり、家電製品は置いていくといったりするケースであれば、トラックではなく宅配便を利用して荷物を運搬した方がお得に済むので、荷物の量に合わせて適切な方法を選びましょう。

一般的な引っ越し作業に使われている2トントラック

軽トラックよりも大きい2トントラックは、二人から三人暮らし世帯の引越しに最適です。

二人分のインテリアや家電に加えて、衣装ケース5つにダンボール10箱程度は積載できるので、二人暮らしだけでなく小さいお子さんのいる三人暮らし世帯の引越しにおすすめだといえます。

軽トラックとは違って屋根がついているので、雨の日でも荷物が濡れる心配なく安心して引っ越しできるでしょう。2トントラックには、小さいサイズのショートトラックと大きいサイズのロングトラックの2種類が存在します。

通常、2トントラックといえばショートトラックを指しますが、引越し業者によってはロングトラックを有していることもあるので、荷物が多い場合にはロングトラックが使用できるか確認してみましょう。

ロングトラックであれば、ショートトラックの荷物に加えて、衣装ケース5つにダンボール5箱程度を運ぶことができます。

また、2メートルを超える長ものや、4人がけソファーなど大きな家具も運べるので、大型家電や大型インテリアがある場合にはロングトラックを利用するといいでしょう。

家族や荷物が多い時に使われている4トントラック

大きい子供のいる世帯や人数の多い大家族世帯に最適なトラックが、3トントラックや4トントラックです。大抵の引越し業者は4トンの大型トラックを有しているので、希望すれば利用できますが、4トントラックは普通自動車運転免許では運転することができません。

中型自動車運転免許を有しているスタッフを派遣する必要があるため、引越し料金が高くなる傾向にあります。料金を節約したいという人は、不用品を処分したり宅配便を利用したりするなどして、大型トラックではなく2トントラックで引越しが済むように工夫しましょう。

引越しの際に家電やインテリアを買い換えるという人は少なくありません。長年利用している家電やインテリアがあるのなら、処分して引越し先で新調するというのも一つの手です。

引越し業者の中には、不用品処分サービスを展開している業者もあるので、使い古した家電やインテリアは引越し業者に引き取ってもらいましょう。

荷物が多くてどのトラックが最適かわからないという人は、引越し業者に相談して事前に見積もりしてもらうといいでしょう。プロの業者であれば最適なトラックを選んでもらえますし、事前に引越し料金も把握できるので安心です。

東京・神奈川・埼玉・千葉のおすすめ引越し業者リスト

天草引越センター

単身・家族・法人、3つのプランでサービスを展開。
料金は、ミニ引越し8,000円~・ワンルーム10,000円~・1DK以上で20,000円~が目安になります。
ファミリープラン・法人プランは2DK~3LDK:30,000円~・一戸建てで40,000円~と格安です。
・所在地:東京都新宿嬉久井町45(本社)

■天草引越センターの口コミ

・他社と比較した中で料金が1番リーズナブルでした。安いということで作業を雑にされるのかな?と不安もあったのですが、丁寧かつ迅速に対応していただき助かりました。

・作業スタッフに、食器を包む薄紙を足で踏まれてしまいました。

どのような作業スタッフが来るのか、前もって確認しておけば良かったなと思いました。それ以外は、とくに大きなトラブルなく作業できたので良かったです。

天草引越センターに関して詳しく見る>>

アート引越センター

単身・家族、2種のプランと、「基本コース」「ハーフコース」「フルコース」の3種のコースが設定されています。
料金を安くしたい場合は、荷ほどきを利用者が行うハーフコースがおすすめ。
・所在地:東京都品川区東品川1-3-10(東京オフィス)

■アート引越センターの口コミ

・3月中旬という繁忙期に東京都武蔵野市から小平市への引越しだったので、12万円くらいはするかな?と思ったのですが、50,000円ほどまで下げてくれました。冷蔵庫の引取もその料金内で行ってくれたのでとても満足できました。

・子供の30,000円の楽器とおもちゃを一緒にまとめられていたり、靴下の裏が汚れていたりとちょっとしたハプニングはありました。しかし、リーダーや他のスタッフの方々も、笑顔で一生懸命働いていたので好感が持てました。

アート引越センターに関して詳しく見る>>

アリさんマークの引越社

家族での引越しはアリさん経済パックが一番安く、一人暮らし向けのミニ引越しプランは、荷物の量によって料金が変わります。
・所在地:〒133-0043 東京都江戸川区松本2-34-6 3F(株)引越社関東 東京本部

■アリさんマークの引越社の口コミ

・北海道から東京への引越し、なおかつ3月という多忙期だったのですが18万円で引越しできました。営業の方もスタッフも皆さん親切で良かったです。スピードがもう少し早いと、もっと良かったと思います。でも安心して作業を任せられたので文句はありません!

・引越し作業終了後の20分間は、サービスで要望を聞いてもらえるようだったので、ソファの移動をお願いしました。こういうサービスがあるのは女性に嬉しいです。

アリさんマークの引越社に関して詳しく見る>>

サカイ引越センター

らくらくコース・せつやくコース・ご一緒コース・建て替えコースの4種のコースから選べます。
費用の節約や、荷造りを自分で行いたい方は節約コースがおすすめ。
・所在地:東京都港区芝浦2-13-11 サカイ第2ビル5F

■サカイ引越センターの口コミ

・家族4人で東京都江戸川区→埼玉県所沢市に引越ししました。料金は30万円程と見積もりより高かったのですが、作業員がニコニコしながら作業をしていたので人柄に安心を覚えました。

・品質が良かった上に価格も安かったです。知人や友人にも勧められると思います。

サカイ引越センターに関して詳しく見る>>

アーク引越センター

荷物の量と作業内容で見積もりを決定するシステム。
家族での引越しプランは、「節約」「通常」「すべてお任せフルプラン」があり、節約プランにすることで料金を安くすることができます。
・所在地:東京都八王子市南大沢2-211(八王子支店)

アーク引越センターに関して詳しく見る>>

アップル引越センター

単身でお引越し・家族でお引越し・オフィスのお引越し3つのプランを展開。
公式サイトのカレンダーで、料金が安くなる日を確認できます。
・所在地:東京都中央区日本橋馬喰町1-5-6-9F

■アップル引越センター

・平日に近距離格安プランを利用して、30,000円くらいでした。夫婦2人分の荷物だからというのもあるかもしれませんが、安く済ませられたのでホッとしました。荷物が少なく、近距離の引越しの人におすすめのプランだと思います。

・1人慣れていない作業員がいたので不安に感じましたが、リーダーが笑顔で指示をしていたのが良かったです。洗濯機の取り付けはサービスでやってもらいました。

アップル引越センターに関して詳しく見る>>

ハトのマークの引越センター

「単身プラン」「ファミリープラン&エコ・プラン」「楽々シニアプラン」があり、ファミリー&エコ・プランと楽々シニアプランは、節約プランを選ぶことで料金が安くなります。
・所在地:東京都東上野2-13-1

ハトのマークの引越センターに関して詳しく見る>>

日本通運

「家族のお引越しプラン」「単身のお引越しプラン」2つのプランがあり、家族のお引越しならセルフプランにすることで費用を抑えられます。
・所在地:東京都港区東新橋1-9-3

日本通運に関して詳しく見る>>

ヤマトホームコンビニエンス

1人暮らしなら、各種サービスで安くなる「単身引越サービス」がお得です。家族での引越しは、ご予算に合わせて引越しアドバイザーと相談することができる「引越らくらくタイムリーサービス」がおすすめです。
・所在地:東京都中央区銀座2-12-18 ヤマト銀座ビル6F

ヤマトホームコンビニエンスに関して詳しく見る>>

ダック引越センター

学生さんや一人暮らし向けの「シングルプラン」、標準的なプランの「ファミリープラン」、ちょっとした引越しや荷物の移動に便利な「家具だけプラン」があります。
・所在地:東京都八王子市堀之内3-10-1

ダック引越センターに関して詳しく見る>>

ファミリー引越センター

シングルプラン標準コースが18,000円~・カップルプラン標準コースが26,000円~と手軽なお値段で引越しが可能。お二人でお住まいの方や新婚さん、カップルの方などにおすすめです。
・所在地:埼玉県戸田市上田区2-2-2

ファミリー引越センターに関して詳しく見る>>

引越のプロロ

節約パック・楽々おまかせパック・完全おまかせパック・大物限定パック・フリータイムパックの5種類のパックがあります。荷造り・荷ほどきは節約パックにすると、引越し費用を安くすることが可能です。
・所在地:東京都府中市四谷4-53-38

引越のプロロに関して詳しく見る>>

引越のアンクル

引越のアンクルにプランはありませんが、料金が2,000円~5,000円安くなるご結婚割引・再利用割引・ご紹介割引など他社にはない割引があります。
・所在地:東京都狛江市岩戸北1-7-9

引越のアンクルに関して詳しく見る>>

福山通運

家族、法人でのお引越しなら「フクツー引越便」があり、節約タイプにすると引越し料金を安くすることが可能です。
・所在地:東京都江戸川区新砂1-13-6(東京引越センター)

福山通運に関して詳しく見る>>

LIVE引越サービス

単身・ファミリー・事務所移転・長距離引越しの4つのプランがあります。
LIVE引越の料金プランは移動距離で見積もりをするシステム。
・所在地:東京都足立区南花畑4-18-4

LIVE引越サービスに関して詳しく見る>>

シモツ引越サービス

シモツ引越サービスは、初めて引っ越しをする人も安心して利用できる手厚いサポートが特徴の引っ越し業者です。引っ越しサービスのほかにも、個人・法人向け荷物配送も手掛けています。
・所在地:横浜市保土ヶ谷区今井町914-2

シモツ引越サービスに関して詳しく見る>>

やさか引っ越しセンター

やさか引っ越しセンターは、東京都埼玉に営業所を構えて事業を展開しています。年中無休で依頼を受け付けているため、いつでも引っ越し・移転の相談が出来ます。
・所在地:東京都東村山市美住町1-14-19(本社)

やさか引っ越しセンターに関して詳しく見る>>

※このサイトは管理人が独自に調査した情報を集めたものです。
最新情報を確認したい時は各社公式サイトをチェックしてください。

最新おすすめ引っ越し業者【東京・埼玉・神奈川・千葉編】
東京・埼玉・神奈川・千葉で格安に引越しをする方法
よい引越しのための段取りマニュアル
よくある引越しトラブル対処法
東京の住みたい街ランキング[最新版]

ページトップ