東京・神奈川・埼玉・千葉で探す!引越し業者ランキング » よい引越しのための段取りマニュアル » 引越しをするために失敗しない本の詰め方

引越しをするために失敗しない本の詰め方

知の財産でもある本を、安全かつスムーズに搬出できる方法を紹介します。

意外と重労働!本の移動は前準備が大切

引越しの際に、食器棚など重量がある家具に対して前準備をする人は多いでしょう。しかし、本に関しては見落とされがちです。

本は、1~2冊程度であれば大した重量はありません。しかし、ダンボールに隙間なく入れるとなれば、かなりの重量になります。

ダンボールに本を詰めた後に無理に持とうとすると、底が抜けたり腰を壊したりする可能性があるため気をつけましょう。

本を紐でまとめると本を傷つける

同じサイズの本は、ついつい紐で結んでしまいたくなります。しかし、紐で縛ってトラックに積み込むのは、良い方法とはいい難いです。

大量の本を頑丈に結束したとしても、埼玉から神奈川、もしくは東京くらいの距離を移動すると、配送中の振動や他の荷物との接触により紐が解けてしまうことが十分あるのです。

そうなると本が破れたり、ページが折り曲がったりするリスクが大きくなります。こういったトラブルを避けるためには、ダンボール箱に詰めるのが一番です。ダンボールに詰めることで、配送中の起こりうるトラブルが回避できます。

実際に本を詰めてみよう

必要となる道具

実際に本を詰め込む前に、必要な道具を揃えておきましょう。

これだけ揃えておけば、問題なく本を詰めることができます。しかし、古書などを多く有している場合は、ホコリが舞い散る可能性があります。

そのため、マスクや防護メガネも用意することをおすすめします。

これらがあれば、ホコリが舞う環境で作業をする時でも作業を中断することなく続けることができます。

特に重要なダンボール選び

本を詰めるにあたって、ダンボール選びは非常に大切な要素となります。

大きなダンボールであれば、本を一気に持っていけるというメリットがあるため、ついつい欲張った詰め方をしてしまいがちです。

しかし、沢山詰め込んでしまうと、自分で運べなくなるほど重くなってしまいます。もし本を詰めるのであれば、もっと小さいダンボールに詰めるようにしましょう。

理想的なサイズとしては、2リットルのペットボトルを入れるダンボールくらいの大きさがベストです。その程度の大きさなら、隙間なく詰め込んでも10キロに達しないくらいです。

また、重さでダンボールの底が抜ける恐れもなくなります。実際に本を詰め込んでみて、ダンボールの底が抜けそうだと思ったら、ガムテープで補強しておけば安心です。

本を傷つけないようにする詰め方

本を詰める時は、ダンボールいっぱいまで詰め込まないようにしましょう。ダンボールを開ける際にハサミやカッターを使いダンボールの上部を切って開けることがあります。

ダンボールに詰める順番としては、大きいものから優先して詰めるのがコツです。本は平置きで詰めていき、最終的にできた隙間を縦置きして埋めていきます。

本は詰め方を工夫しなければ、配送中に傷ついてしまうことがあります。単行本であれば形を崩さないためにも、クッションとなるものを一緒に入れて隙間を作らないように工夫しましょう。

ダンボール内に隙間があると、本同士がぶつかりページが折り曲がることがあります。特にカバーが硬質のものだと、ぶつかった時のダメージも大きくなるので、よりクッションが必要となります。

このクッションとなるものは、100円均一で入手することができます。押したらプチプチと潰れる緩衝材が、クッション性が高くでおすすめです。

これは本だけではなく、食器などにも使えるので、引越し準備に入ったら、まとまった量を購入していることでしょう。

引越しを円滑に進めるコツ

本を詰め込む際は、引越し先で棚入れすることも考慮しておきましょう。本をサイズ、ジャンルにわけて詰めていけば、荷ほどきの際に整理がつきやすくなります。

使用頻度が多い本は、ダンボールの上に詰めておくことで必要な時にすぐ取り出せます。どのような本が入っているかも、ダンボールに書いておくと便利です。

本を詰める冊数の目安

コレクター気質の人であれば、単行本の数はかなり膨大なものとなるでしょう。単行本は1冊1冊が軽いため、かさばってもそこまで重くないだろうと考えてしまいがちです。

しかし、単行本は1冊160グラムぐらいの重さとなり、これが10冊なら1.6キロ、100冊あれば16キロになります。そのため、1回で梱包する数は最大でも約100冊までと覚えておきましょう。

コレクターや読書家だと、所有する本も100冊程度では収まらないと思います。その場合も、小分けにして配送すれば、大切な本を傷つけることなく引越し先まで運ぶことができます。

ちなみに、書籍の判型ごとの目安は、雑誌サイズで1冊約700グラム、梱包する時の目安が20冊程。ハードカバーB5サイズは1冊約500グラム、梱包の目安が30冊程となります。

必要に応じて断捨離も行う

全く読まなくなった本や、古い雑誌はこの機会に断捨離することも必要です。特に希少価値のある本は、高額買取してもらえば引越し資金に充てることも可能です。その際は、売却先の選び方が重要な要素となります。

大型チェーン店で買取した場合、本の出版年や状態だけで査定されることが多く、希少価値があるタイトルでも安値になる可能性があります。

高額で買取してもらうためには、その分野に特化した古本屋やインターネットオークションを利用してみましょう。

最新おすすめ引っ越し業者【東京・埼玉・神奈川・千葉編】
東京・埼玉・神奈川・千葉で格安に引越しをする方法
よい引越しのための段取りマニュアル
よくある引越しトラブル対処法
東京の住みたい街ランキング[最新版]

ページトップ