東京・神奈川・埼玉・千葉で探す!引越し業者ランキング » よい引越しのための段取りマニュアル » 必見!パソコンの安全な移動方法

必見!パソコンの安全な移動方法

パソコンで主にデータ管理している方、普段からよくパソコンを使用する方はデータの消失や破損が起こると大変ですよね。

引越し時に精密機器が壊れてしまっても自己責任になることが多いので、安全に移動できる方法を知っておきましょう。

パソコンは梱包が必須

パソコンといった精密機器は、引越しの最中に万が一破損したり、データが消えてしまったりしても、業者は補償してくれません。

他の家電と変わらない梱包で運ばれることがほとんどで、パソコンだけ厳重に、というケースはありません。

大きなトラブルなく引越しが完了することが多いのですが、引越し後にパソコンの調子が悪くなった例もあるので、万が一に備えて自分で梱包するのが安全です。

荷物を運ぶ際はスタッフに注意して運んでもらうよう、一言伝えておくことも大切です。

パソコンの梱包に必要なもの

パソコンを自分で梱包する場合、必要な道具があるので紹介します。

発泡スチロール代わりになり、振動や熱、衝撃からパソコンを守ることができます。発泡スチロールがない場合に利用してください。

パソコンを入れたダンボールのふたを閉じる時や、資材をまとめて止める時に使います。ガムテープは、荷造りをする際に使うもので大丈夫です。

パソコンのサイズより一回り大きいものを用意してください。パソコン購入時に使用されていたダンボールがある方はそれを使いましょう。

静電気が発生しづらいものを選んでください。毛布やタオルで包む方はエアクッションを用意する必要はありません。

毛布やタオルでパソコンをしっかりと包んでも、箱との隙間ができてしまいます。隙間があると十分に保護することができないので、発泡スチロールといった緩衝材(かんしょうざい)を使って隙間を埋めます。

発泡スチロールを用意することが難しい場合は、新聞紙で代用しても大丈夫です。

梱包方法

  1. 線や付属品はパソコンから外し、結束バンドなどを使ってまとめます。まとめたケーブルはタオルや資材で包んでガムテープでとめましょう。
  2. パソコンを入れるダンボールを用意するか、もしくは購入時にパソコンが入っていたダンボールがあるならそれを使います。丸めた新聞紙や発泡スチロールなどの緩衝材を底に敷き詰めていってください。隙間ができないようにしっかりと詰め込んでください。
  3. 毛布や資材で厳重にパソコン本体を包んでからダンボールの中に詰めていきます。配線や付属品も一緒に詰める場合、ぶつからないように少しを距離を置いてから入れるようにしてください。
  4. あとはパソコンが見えなくなるまで隙間なく新聞紙や緩衝材、タオルなどを詰めていってください。最後にダンボールのふたをガムテープで止めます。
  5. ダンボールの目につく場所に「パソコン本体」と記載し、位置がわかるように「天井」と記載することも忘れないでください。

これでパソコンの梱包は完了です。

ノートパソコンの梱包には大きめのダンボール!

デスクトップ型のパソコンや一体型のパソコンを梱包する場合、それなりに大きさのあるダンボールを使用する必要あがるでしょう。サイズを気にする必要はないですが、ノートパソコンの場合だとギリギリのダンボールを用意するケースが多いです。

ノートパソコンを梱包する際は、ダンボールのサイズを少し大きめにするのと、緩衝材をたくだん使用することが大切です。

また、ノートパソコンのサイズに合わせてダンボールを選んでしまうと、緩衝材を詰め込むスペースを確保することが難しくなるため、衝撃から保護することができなくなります。故障のリスクが高まるノートパソコンは、大きめのダンボールを使用するようにしてください。

デスクトップのディスプレイを梱包する

基本的な梱包方法は変わりませんが、デスクトップの場合、液晶部分を保護する必要があります。

そのままダンボールの中に詰めるのではなく、シーツなど薄い布を当てて、その上からダンボールを液晶部分に3枚程度重ねて、毛布や資材を巻いていきます。この時、ズレを防ぐために養成テープなどで固定すると梱包しやすくなるのでおすすめです。

梱包が完了したら液晶側に「表」や「液晶部分」と記載してください。

梱包だけではなく運搬方法にも気をつける

パソコンをしっかりと梱包できたとしても、運搬方法の仕方が悪いと意味がありません。

などです。

引越しスタッフに注意して取り扱ってもらうように、「精密機器」や「取扱い注意」などしっかり記載しましょう。口頭でも伝えておくことで安心です。

引越し前に確認すべき2つのこと

1.データのバックアップはとっておく

梱包や運搬をどんなに注意して行っても、故障や破損のリスクはあります。

パソコンが壊れた場合、買い替えることができますが、データは失ってしまうと復旧するのが難しいです。引越し前に、必ずデータのバックアップをとっておきましょう。

方法としては、外付けハードディスクやUSBメモリ、DVDなどのメディアを使用する、クラウド上でデータを保存するなどがあります。

全てのイメージをバックアップするのが難しい場合でも、最低限、失ってしまうと困るデータの保存をしておくようにしましょう。

2.配線方法はメモしておく

ノートパソコンの場合、電源コードをつなげるだけですぐに起動させることができますが、デスクトップパソコンや一体型パソコンの場合、コードが複雑な場合があります。

一度コードを差し込むと、なかなかコードに触れる機会がないので配線方法を忘れがちになります。パソコンを移動させる前に配線部分を画像で保存しておいたり、メモしたりすることで、スムーズにつなげることができます。

パソコンの梱包・データ移行を依頼する

パソコンの梱包や移動を自分で行うのが不安、データが消えないか心配、という方は専門業者に依頼することをおすすめします。

パソコンを専門に取り扱っている宅配便会社の場合、パソコンを代行で引越し先まで運搬してくれます。

また、代行でデータのバックアップを行う専門ショップに任せることで、パソコンの操作に慣れていない方や、急ぎでバックアップをとりたい場合でもスムーズにデータのバックアップをとることができます。

デスクトップなどの大きいパソコンを、直接お店まで持ち運びすることが困難なこともあるでしょう。このような時は、取引サービスを利用することで移動中に起こる故障や破損のリスクを防げます。安全にパソコンを移動したい方はぜひ利用してみてください。

安全に移動させる方法がベスト

精密機器であるパソコンは、引越し時に故障や破損、データの消失といったリスクがあります。タオルや毛布、緩衝材をたくさん使うようにして梱包し、運搬方法にも注意することで安全に移動させることができます。

また、自分で梱包する以外にも、専門の業者に任せることで梱包から移動、データのバックアップを依頼することができるので、不安な方にはおすすめです。大切なデータが消えないよう、パソコンに傷がつかないように注意しましょう。

最新おすすめ引っ越し業者【東京・埼玉・神奈川・千葉編】
東京・埼玉・神奈川・千葉で格安に引越しをする方法
よい引越しのための段取りマニュアル
よくある引越しトラブル対処法
東京の住みたい街ランキング[最新版]

ページトップ