東京・神奈川・埼玉・千葉で探す!引越し業者ランキング » よい引越しのための段取りマニュアル » 洗濯機の取り扱い方法

洗濯機の取り扱い方法

引っ越し時の運搬で、取り扱いに注意しなくてはならない家電に洗濯機が挙げられます。引っ越し先でトラブルなく設置するためにも、前準備が必要不可欠。ここでは、洗濯機の取り扱い方法について紹介します。

引っ越し前の住居でしておくべきこと

洗濯機を取り外す前にやっておくことは、水抜き。洗濯機の中は、常に水が溜まっているいる状態です。

水が残っている状態で取り外してしまうと、水漏れや電気トラブルを招いてしまう恐れがあります。そのため、水抜きは忘れずに行わないといけない作業です。その手順を見ていきましょう。

水抜きの流れ

  1. 衣類などの洗濯物を取り出した上で水道栓を閉じる
  2. 電源を入れて洗濯機を起動する
  3. 10秒程経ってから洗濯機を止めて給水ホースを外す
  4. 脱水をした上で洗濯層の水分を取り除き、その後にタオルで水を拭き取る
  5. 排水ホースを取り外して、ホースに残った水を抜き取る

給水ホースを外す際は、中に残っている水がこぼれだす可能性があります。

また、吸水ホースを外す前に、タオルは準備しておくようにしましょう。床を濡らさないためにも、洗面器の上でホースを外すのが安全です。

また、4の作業は、脱水のみのコースで稼働させてください。脱水以外の機能が作動してしまうと、再び洗浄するため水が入ってしまいます。そうなると、故障の原因になりかねません。

実際、ボタンの押し間違えは頻発しやすいケースなので、脱水時は確認を徹底してください。

ホースの扱い方

給水ホースを取り外す際は、強引に行わないようにしてください。力を入れ過ぎるとホースの先端が変形して、取り付けの際に水漏れを引き起こす恐れがあります。

給水・排水ホースの水抜きが完了した後は、紛失を防ぐために洗濯機の中にしまっておきましょう。また、ホースだけでなく電源コードやアースも入れておけば、設置がスムーズに行えます。

念のため、電源コードとホースは、別々のビニール袋に入れるようにしてください。厚手のビニール袋を使用すれば、電機部品が水気によって壊れる心配もありません。

引っ越し先で確認しておきたいポイント

引っ越し先を選ぶポイントは数多くありますが、洗濯機の設置に関しては確認を見落としがちです。

引っ越し時に困らないためにも、下記のポイントは内見時にしっかり確認する必要があります。

家の中に洗濯機が入るのか?

洗濯機のサイズによっては、玄関を通れないこともあります。

家の廊下が狭くて、運搬できなかったり設置個所が狭くて取り付けられなかったりすることもあるので要チェックです。

また、設置個所が室内にある場合、洗濯機を取り付けた後に部屋が窮屈に感じてしまうこともあります。内見時は、家具・家電を設置するイメージを膨らませておきましょう。

洗濯機パンの有無をチェック

洗濯機パンとは、洗濯機の下に設置するプラスチックの板のこと。

排水ホースと床の排水口を繋ぐ洗濯機パンは、水漏れが発生した際に床が濡らさない働きをします。しかし、物件によって洗濯機パンがないということも、しばしばあります。

洗濯機パンがなくても設置自体はできますが、結露によって洗濯機裏が劣化する可能性が高くなります。

洗濯機用防水パン

引用元:ジャニス工業 洗濯機用防水パン│掛率表示の建材デパート カーサナビ

URL:http://www.casanavi.co.jp/b/detail/?gunid=0000000000001502

洗濯機パンと洗濯機の大きさが合わない

引っ越し先に洗濯機パンがあっても、洗濯機のサイズや規格によっては取り付けることができないケースがあります。

そのため、内見時に洗濯機パンの大きさを調べる時は、外径ではなく内径を測るようにしてください。

外径の大きさだけ設置できると思い込んでしまうと、実際に取り付けた際にパンからはみ出してしまいます。

蛇口の形が違うこともある?

物件によって、蛇口の形が違うことがことがあります。それにより、今まで使っていた洗濯機で使えないというケースも珍しくはありません。

蛇口にあった部品を用意すれば問題はないのですが、メーカーによっては部品の生産を中止していることもあります。

まずは引っ越し先の蛇口を確認して、設置に必要な部品を前もって調べるようにしましょう。場合によっては、新しい洗濯機を購入した方が手っ取り早いこともあります。

引っ越しの際に洗濯機を処分するなら?

引っ越しを考えている人の中には、古い洗濯機を使い続けている人もいるはずです。

先述したとおり、洗濯機の設置はさまざまなシーンでトラブルが発生します。古いタイプの洗濯機であれば、なおさらそのリスクは高いです。

この先、洗濯機を買い替える予定があるのなら、引っ越しする今のタイミングがベストです。引っ越し後に洗濯機を選ぶことができるので、設置時のトラブルを懸念する必要もありません。

また、引っ越し前に古い洗濯機を処分しておけば、運搬にかかる費用が節約できるのでとてもお得なのです。

洗濯機は次のような方法で処分できるので、引っ越し前に確認しておきましょう。

新しく購入した店舗に収集してもらう

新しい洗濯機を販売した店舗には、収集義務が発生します。そのため、古い洗濯機の引き取りを拒否することはできません。

また、リサイクル料金や回収費用こそかかりますが、買い替え時には最も手間がかからない処分方法です。

収集義務は、購入者が引き取りを依頼した時のみ発生するため、必ずしも業者を利用しなければならないわけではありません。他に引き取り手がいる場合は、引き取ってもらった方がいいでしょう。

古い洗濯機を購入した店舗に依頼する

過去に洗濯機を購入した店舗にも、収集義務はありますそのため、リサイクル料金と回収費用を支払えば処分してもらえます。

万が一、購入した店舗が無くなっていた場合は、指定された処分場に自身で持っていかないとなりません。購入店で引き取り対応ができるかどうか、確認しておきましょう。

リサイクルショップに売る

洗濯機がまだ使えるのなら、リサイクルショップに売却するという方法があります。買取が可能であれば処分費用がかからないだけではなく、買取金額が新しい洗濯機の購入費用にあてられます。

しかし、リサイクルショップでは何でも買取してもらえるわけではありません。基本的に家電製品の場合、製造から5年以内の買取条件が設けられていることが多いです。

買取不可になると、リサイクルショップに回収費用を支払い処分することになるので注意しましょう。

ネットオークションで売る

ネットオークションで、洗濯機を出品して売ることも可能です。自分で価格設定ができることもあり、最も理想的な売却方法といっていいでしょう。

しかし、この方法では送料が必要になりますし、梱包作業も自身で行わなければなりません。

また、配送トラブルなどで落札者とトラブルになることもあるため、慎重な対応が求められます。

指定取引場所へ持っていく

自分で処分するのであれば、まず郵便局でリサイクル料金を支払う必要があります。

その後、リサイクル券が受け取れるので、それを持って指定取引所へ冷蔵庫を持っていけば処分してもらえます。

洗濯機の運搬が難しい場合は、指定業者に依頼するといいでしょう。

洗濯機はこのような方法で処分することができます。自治体によって処分に関するルールが異なりますから、事前確認は忘れずに行うようにしてください。

洗濯機の買い替えは10年が目安

引っ越しを機に、家電製品を買い直す人は案外多いようです。新生活で心機一転するためにも、身の回りのものを一新するのもいいでしょう。

しかし、洗濯機の寿命は約10年。購入から長い時間が経っていないのであれば、無理して買い替える必要もありません。

ただ、技術がどんどん進化している今、製造年が数年違うだけで機能面に大きな差があります。このような観点から、寿命に関係なく最新式の洗濯機を購入するのもひとつの選択肢です。

光熱費の節約になる!?

新しい洗濯機を購入するメリットとして、電気代の節約ができるということが挙げられます。

「最新式洗濯機」「製造から8年が経過した洗濯機」の2台から、電気代を比較するという実験が行われました。そうすると、最新式の方は8年前の洗濯機と比べて、電気代が1/2も違うことが分かったのです。

また、近年のドラム式洗濯機は、ドラムを回転させることで少量の水で汚れが落とせるようになっています。そのため、水道費も大幅に安くなるのです。

毎日使う洗濯機だからこそ、ランニングコストは抑えたいもの。この機会に、最新式洗濯機の購入に踏みきってもいいかもしれません。

最新おすすめ引っ越し業者【東京・埼玉・神奈川・千葉編】
東京・埼玉・神奈川・千葉で格安に引越しをする方法
よい引越しのための段取りマニュアル
よくある引越しトラブル対処法
東京の住みたい街ランキング[最新版]

ページトップ