東京・神奈川・埼玉・千葉で探す!引越し業者ランキング » 東京・埼玉・神奈川・千葉で格安に引越しをする方法 » 引越し料金は頑張れば抑えられる~ちょっとしたアイディアがポイント~

引越し料金は頑張れば抑えられる~ちょっとしたアイディアがポイント~

引越し費用を格安にする小技集

少しでも料金を抑えて引越しをするためには、ちょっとしたアイディアを使うことも必要です。そこで、神奈川で格安の引越しをお望みの方に小技集をご紹介します。

引越し費用を格安にするには小技の積み重ねが重要

これから神奈川で引越しする人におすすめの小技集です。できそうなことから試してみてください。これで格安引越しを実現させましょう。

小技集①友人や知人に依頼しない

友人や知人に引越し作業をした方が安く済むと思いがちですが、

「食事をご馳走したり、謝礼金を渡したりする」

「トラックのレンタル代やガソリン代がかかる」

など、結果高く付いてしまうことがあります。また、家具家電を運んでいる最中に落としてしまい、破損させてしまう恐れもあります。そうなるとそれらの買い替え料金も発生するため、リスクを考えると引越し業者の方が断然おすすめです。ご馳走したり、謝礼金を支払ったりする必要がありません。それに物的損害があった場合は、補償してくれることもあるので安心です。

ところが、レンタカーを利用した方が安くなるケースもあります。

<引越し別の料金シミュレーション>

レンタカーを使った場合の料金 業者に依頼した場合の料金
移動距離10kmの引越し 15,262円 21,002円
移動距離30kmの引越し 19,814円 24,850円
移動距離340kmの引越し 58,664円 58,314円

引用元:引越し侍 https://hikkoshizamurai.jp/estimate/tricks/#anchor04

長距離だと引越し業者に依頼した方が安いですが、10km~30kmの短距離だと5千円ほど料金を浮かすことができます。

しかし、荷物を自分で運ばないといけない上に、量によっては何度も往復することもあり面倒です。それに素人が行う引越し作業にはハプニングが付き物なので、それによりレンタル時間を過ぎると超過料金が発生します。逆に高く付いてしまうため、万が一のことを考えるとやはり引越し業者に依頼した方が賢明でしょう。

小技集②積み切りを利用する

トラックに積められる量を運搬してもらうことを「積み切り」と言います。荷物の量ではなくトラックの大きさで料金が決められているため、積められる分だけ積めて問題ありません。

積められる量が限られているので残った分は自分で運ばなければなりませんが、その残った分の費用が浮きます。家具家電などの大きくて重い物を中心にトラックで運搬してもらうと楽に引越しできます。

などにこの積み切りがおすすめです。

小技集③ハンガーBOXを無料レンタルする

衣類は畳んでダンボールに詰めるのが以前までの常識でした。ところが最近は「ハンガーBOX」によってハンガーに掛けたまま梱包できるので、わざわざ畳む手間を省くことができます。また、その分ダンボールやガムテープを使う量が減らせるので節約にもなります。

多くの引越し業者では、ハンガーBOXを無料で貸し出しています。問い合わせの際は、是非ハンガーBOXのレンタルについて確認してください。

小技集④梱包は十字貼りをする

梱包をする際にH貼りをする方が多いですが、十字貼りの方が強度もあり貼り直しの手間もないのでおすすめです。ガムテープの使用量も減るため、無駄な消費を抑えることもできます。

小技集⑤エアコンは買い換える

様々な電化製品を運搬すると思いますが、エアコンは引越し先での買い替えを検討した方が賢明です。なぜなら、取り外し~設置までを引越し業者が行うため、高めに料金設定がされているからです。

引越し業者によって料金設定は異なりますが、約2~4万円以上です。エアコンの設置~取り付けまで素人で行うのは難しいですし面倒なので、そこを狙った料金設定となっています。引越し先で買い替えた方が料金を抑えられることもあるので、一度検討してみましょう。

自分でやるべきことと引越しのプロに任せるべきボーダーライン

引越し費用を抑えるためにも、梱包作業は自分で行うことが勧められます。しかし、場合によっては、料金を払ってでも引越し業者にしてもらった方がいいものがあります。

作業の割り振りをしっかり見極め、神奈川県の引越し業者を賢く利用しましょう。

電化製品はどうする?

PCや洗濯機、テレビなどの電化製品は、引越し業者が梱包を行ってくれます。ですが、PCはデータが飛んでしまう可能性があるため注意が必要です。データが飛ぶトラブルは補償されないため、もし梱包してもらうならバックアップをしましょう。

それでも不安な場合は自分で梱包を行ってください。ちなみに梱包材料に静電気を発するものがあると、その静電気でデータが飛ぶこともあるため注意が必要です。

洗濯機の取り外しは自分で行う分には問題ありませんが、取り付けは引越し業者にお願いした方がいいでしょう。排水ホースの取り付けをミスしてしまうと水がうまく排水されず、床が水浸しになるトラブルが起こるかもしれないからです。

引越し業者では、これら取り付け作業がオプションサービスに含まれていることがあります。委託業務による専門の方が行うため、費用こそかかってしまいますが、正確を期すためにも利用しましょう。

電化製品は取り扱いに注意しなければならないため、基本的に扱いに慣れている引越し業者への依頼をおすすめします。

観葉植物はどうする?

複雑な形をしている観葉植物は、梱包を自分で行うのが難しいアイテムの1つです。可能であれば、引越し業者に梱包を依頼しましょう。

しかし、引越し業者によっては生き物として扱われてしまい、運搬してくれないこともあります。そのため、観葉植物の運搬の可否については、事前に確認しておいてください。

例え、運搬できたとしても補償対象外となっている場合もあります。運搬中に折れないよう、梱包は念入りに行うことが勧められます。

最新おすすめ引っ越し業者【東京・埼玉・神奈川・千葉編】
東京・埼玉・神奈川・千葉で格安に引越しをする方法
よい引越しのための段取りマニュアル
よくある引越しトラブル対処法
東京の住みたい街ランキング[最新版]

ページトップ