東京・神奈川・埼玉・千葉で探す!引越し業者ランキング » 東京・埼玉・神奈川・千葉で格安に引越しをする方法 » 東京での引越し料金相場

東京での引越し料金相場

東京における引越し費用の相場と、引越し料金の算出方法についてくわしくまとめました。料金が左右される時期的・距離的・立地的要因などについても触れていますので、なるべく安く引越しをしたい方は必見です!

東京で引越しをした場合の料金相場

東京における、引越し料金の相場についてデータをまとめました。ただし、引越し料金は荷物の量・移動距離などで変化するため、ひとつの参考としてご覧ください。

東京23区内 東京23区内から東京都市区町村(逆もアリ)
  • 単身:20,000~60,000円
  • 2人:50,000~100,000円
  • ファミリー(4人):100,000~150,000円
  • 単身:35,000~75,000円
  • 2人:60,000~120,000円
  • ファミリー(4人):100,000~180,000円

東京の八王子市から千葉県との県境にある江戸川区までの距離は、およそ50km。東京都内でも長距離の引越しになるケースはありますが、23区内であれば一般的な引越しプランに収まる範囲です。

引越し業者の料金の仕組み

引越し料金は、基準運賃・基礎作業料金+実費+付帯サービスの3つで構成されています。

それぞれの料金の内訳は以下の通り。

基準運賃・基礎作業料金

引越し業者の約款に基づいて算出される料金で、時間制と距離制の2種類があります。時間制は作業を行った時間で決められるもので、4時間または8時間が基礎時間。1時間超過するごとに、追加料金が発生します。

距離制は荷物を運んだ距離によって決められるもので、引越しの距離が100km(軽貨物業者は30km)の場合に適用。これを超過すると、定められた範囲で追加料金が加算されます。

実費

人件費・梱包資材・交通費などが実費にあたります。どういったものが実費にあたるのか、概算としてどれくらいの料金がかかるのか、あらかじめ確認しておくとよいでしょう。

付帯サービス

いわゆるオプションサービスです。電気工事・エアコンの取り外しや設置・ピアノ輸送・不用品の処分・ハウスクリーニング・家具の防虫など、引越し業者によってさまざまなサービスを提供しています。

引越しと一緒に依頼してしまえば楽ですが、作業内容によっては提携業者に委託するケースもあり。思ったよりも費用が高くなることがあるので、きちんと確認してから依頼するようにしましょう。

引越し料金が変動する理由

基準運賃・基礎作業料金を基本とし、条件によっては割増料金がプラスされます。
料金が変動する要素には、以下のようなものがあります。

時期的要因

引越しが多くなるハイシーズンと、そうでない時期とでは引越し料金に差があります。とくに、2月の下旬~4月上旬・12月の中旬~下旬あたりはハイシーズンとなり、相場の1.5~3倍に値段が跳ね上がることも。「どうしてもこの時期でないと困る」という場合は仕方がありませんが、料金を安くしたいならできるだけハイシーズンは避けた方がよいでしょう。

また、平日か休日かなどでも料金が変わります。当然休日の方が割高になりますので、スケジュールを調整できるなら平日の引越しをおすすめします。

距離的要因

移動の距離が長ければ長いほど、料金は高くなります。しかし、引越しの距離は努力で短くできるものではないので、長距離の場合はある程度の割増は仕方がないと言えるでしょう。ただ、移動に使うルートをうまく選択すれば、料金の節約になることもあります。

時間的要因

作業をする時間帯が午前か午後かでも、料金は違ってきます。料金が最も高く設定されているのは午前中で、予定時刻ピッタリに作業が始まるため予定が狂いにくいのがメリット。午後は、午前中に行っている別の引越しに開始時間が左右されるため、比較的割安になっています。

立地的要因

搬出・搬入を行う立地も重要です。道幅が狭く一般的なトラックが入り込めない場合は特殊車両を手配する必要がありますし、マンションの場合は階段の数・エレベーターの有無でも料金が変わります。

サービス内容

荷づくり・荷ほどき、電気工事、エアコンの取り外しや取り付けなど、依頼するサービスの内容によっても料金は変動。自分たちでやることが多いほど、料金は安くなります。

こだわりで選ぶ東京の引越し業者ランキング

最新おすすめ引っ越し業者【東京・埼玉・神奈川・千葉編】
東京・埼玉・神奈川・千葉で格安に引越しをする方法
よい引越しのための段取りマニュアル
よくある引越しトラブル対処法
東京の住みたい街ランキング[最新版]

ページトップ