東京・神奈川・埼玉・千葉で探す!引越し業者ランキング » 最新おすすめ引っ越し業者【東京・埼玉・神奈川・千葉編】 » 埼玉でおすすめの引越し業者

埼玉でおすすめの引越し業者

埼玉のこだわり別引越し業者3選

埼玉県には、大手から地域密着型まで数多くの引っ越し業者があります。

「新しいすまいで気持ちよく新生活をスタートしたい!」という想いを実現するためにも、引っ越し業者選びは慎重に厳選したいものです。

引っ越し業者を選ぶ際には、次のポイントをチェックしてみましょう。

引っ越し業者は、国土交通省からの認可が必要です。たとえ料金が安くても認可されていない業者は信頼できません。念のために確認しましょう。

また利用者からすると、引っ越し料金は業者を決める大きな判断要素です。あらかじめ埼玉エリアの料金相場がわかっていれば、引っ越し業者が提示する見積もり料金が適正なのかを判断できます。

他にも、大事な荷物を安心して任せられる補償制度があるのか、プランの選択度の自由やサービスの充実度などを確認しましょう。

こちらのサイトでは、埼玉の引越し業者を選ぶとき必要な情報を詳しく紹介しています。ぜひ参考にしてください。

料金で選ぶ3選

引っ越し業者を選ぶ大切なポイントのひとつ料金をチェックしてみましょう。最近は多くの引っ越し業者が、インターネットの公式サイトから簡易見積もりを出すシステムを導入しています。

あらかじめ複数の業者の見積もりを検索して、条件の合う業者をピックアップ。それらの業者に連絡をとり、正式な見積もり料金を提示してもらいましょう。

見積もり料金を一括して比較できるようなサイトを利用するのもひとつの方法です。

一括で比較できるサイトで「3人家族で8月下旬に埼玉県内に引っ越しする」という条件を入れたところ、11万円~18万円の見積もり料金で幾つかの業者がピックアップされました。

こちらでは、料金的に安くて評判のよい3つの業者を厳選しました。

  コメント
天草引越センター
  • 2DK~3LDKで30,000円~の格安プランあり。見積もりの安さはトップクラス
  • 単身層向けの「5円引越し」は超お得
ファミリー引越センター
  • 低料金の「標準コース」や「梱包コース」「フルコース」など予算に応じた内容を選択できる
  • 作業開始時刻を業者に任せる「お得なフリー便」など、予算を抑えられるプランもあり
アリさんマークの引越社
  • ファミリー向けは、サービス内容によって4つプランから選択
  • 全国エリアの引っ越し業者。単身・家族・長距離など顧客のニーズに応えられる

安心・安全度で選ぶ3選

大切な荷物を安心して任せるには、充実した補償制度があったり、スタッフの教育がしっかりされているか、などをチェックするのがポイントです。

こちらでは、安心&安全度の高い埼玉の引っ越し業者を、厳選してみました。各業者がどのような取り組みを行っているかもまとめていますので、ぜひ参考にしてください。

  最高補償金額 コメント
ガッツムービングサービス 記載なし
  • 引っ越し料金に保険料が含まれているため、万が一の場合も顧客の負担はない
  • 企業引っ越しも行う経験豊富なスタッフが担当する
アーク引越センター 1,200万円
  • 荷物の積み込み~引渡しまでの破損・紛失に最大1,200万円の補償あり
  • 専門トレーナーのもとで研修を受けたスタッフが担当する。配属後も継続的な指導がされている
サカイ引越センター 1,000万円
  • 引越し中の破損に1,000万円の補償あり。(高額品の搬送については引越荷物運輸保険に別途加入)
  • 研修施設での技術講習や安全運転講習など、スタッフ教育に力を入れている

プラン&サービスの充実度で選ぶ3選

引っ越しプランやサービスが充実している業者を3社ピックアップしました。

単身での引っ越しからファミリー向けのプランまで、顧客の予算やニーズに対応できる豊富なプランが用意されている業者や、サービスやオプションが充実している業者です。口コミと一緒に参考にしてください。

  プランの種類・サービスの特徴
天草引越センター
  • 各種電気工事や荷づくり&荷ほどき、家財の廃棄などのオプションが豊富
  • 利用者の「困った」に対応する専門コンシェルジュがいる
アップル引越センター
  • プランがシンプルでわかりやすい
  • 引越し先での「盗聴器探知サービス」が無料のほか、有料オプションも豊富
アーク引越センター
  • プランが細やかに分かれているので、予算やニーズに合わせて選択できる
  • すべてのプランでダンボール最大50枚、ふとん袋最大2枚を提供している

埼玉の引越し業者選びのポイントはサービスのバランスと見積価格

引越し業者を選ぶ際には、「料金をできるだけ安く抑えたい」「安全度や充実したサービスから選びたい」「好対応の業者がよい」など、大事なポイントは人それぞれだと思います。

ただし、ひとつのポイントにこだわりすぎると、他の要素を見落としてしまう恐れがあるので、バランスよく、大きな視点で選ぶことが大切です。

大手の業者と比較すると、中小の引越し業者のほうがサービスや価格に融通のきくことが多いようです。また営業と当日働く引越しスタッフとの連絡がスムーズで、変更事項などの漏れが少ない印象も口コミなどからうかがえます。

反対に大手業者のメリットは、補償がしっかりしていることや、全国ネットワークの網羅度が高いことでしょう。中小の業者の場合、引越し先の対象エリアが限られていることがありますが、大手業者は埼玉から数百キロ先への長距離引越しも問題なく請け負ってくれます。

まずは、各業者の公式サイトの特徴やサービスなどをチェック。それらの内容と自分のニーズ、大まかな見積もり価格を比較して数社に絞り込みましょう。その後はさらに詳細な見積もりを各社へ依頼。実際に電話で問い合わせるほうが、会社の様子や対応がわかります。

もし、2、3の業者で迷うようであれば、口コミを参考にするのもいいでしょう。ひとつの良い口コミ or 悪い口コミだけで判断するのではなく、全体的な雰囲気を参考にしてください。

埼玉の引越しをする予定のかたは、知名度に左右されることなく、価格・プランの内容・補償・サービスなどの全ての要素を検討して、安定した内容を提供できる業者を選ぶことが、後悔しない引越し業者選びのコツです。

引越しをするときは荷物の量を見てプランを選ぶ

引越しプランは荷物の量によって変わります。

単身引越しであっても、軽トラックで納まる場合もあれば、2トントラックが必要なケースもあります。

どの大きさのトラックが必要なのか、下記を参考にしてください。

軽トラック

部屋の広さはワンルームや1Kなどが目安です。

積み込み荷物例は、2ドア冷蔵庫・シングルベッド・洗濯機・テレビ・掃除機・電子レンジ・テーブル・小型棚・ダンボール10個程度が積み込めます。

2トントラック

荷物が多めのワンルームや、1K、2K、1LDKなどが目安の荷物量です。通常サイズの2トントラックは、約3畳半の荷台スペースがあります。

積み込める荷物の例としては、2ドア冷蔵庫・電子レンジ・掃除機・シングルベッド・洋服ダンス・衣装ケース・食器棚、ラック・テーブル・テレビ・テレビラック・洗濯機・自転車・扇風機・布団・ダンボール30個程度です。

業者によっては、ロングタイプの2トントラックを所持しています。ロングタイプは、標準サイズより荷台の全長が長いので、さらに多くの荷物を積み込めます。目安となる部屋の広さは、2K、2DKです。

4トントラック

ファミリー世帯になると、4トンレベルのトラックが必要になるでしょう。

目安としては、2LDKや3K以上の間取りです。4トントラックの荷台は約8畳のスペースがあるため、高さや長さのある家具も積み込めます。

荷物の例としては、家具一式・家電一式・ダブルベッドや布団人数分、ダンボール40~60個となります。

荷物の量がよく分からないときは、引越し業者に直接相談してください。営業担当者が自宅まで来て、最適なプランを提示してくれます。(見積もりだけなら無料という業者がほとんど)複数の業者が出した正確な見積もりから選択しましょう。

埼玉で引越しをした場合の料金相場

埼玉県における、引越し料金相場についてまとめてみました。こちらは埼玉県内の引越し例を挙げています。

この見積もりは、通常期に埼玉県内の約50キロの距離の引越しを想定して算出していますが、ほぼ同じ距離間の埼玉→東京都内への引越しも、上記価格とほとんど変わりませんでした。

引越し料金は荷物の量・移動距離・オプション・時期によって変動します。引越件数が多い3月~4月上旬は、繁盛時期となるため数万単位で価格が変わる場合もあります。上記料金はあくまでも参考としてご覧ください。

引越し業者の料金の仕組み

 

引越し料金の内容は、「基準運賃・基礎作業料金+実費+付帯サービス」で構成されています。その内訳は以下の通りです。

曖昧にすると、のちのちトラブルになるケースもあるようなので、見積書の詳細を確認して不明点、疑問点があれば担当営業からきちんと説明を受けましょう。

基準運賃・基礎作業料金

基準運賃とは、引越し業者の約款に基づいて算出される料金です。時間制と距離制の2つがあります。

さらに休日や深夜、早朝の運送になった場合も、割増料金が加算されます。

実費

実費とは、作業員の人件費や梱包資材、有料道路を含めた交通費などのことです。どのような内容が実費として請求されるのか、あらかじめ確認しておきましょう。

付帯サービス

付帯サービスとは、いわゆるオプションと呼ばれているものです。

例を挙げると、荷物の梱包・荷ほどき・クーラーの取り外しと設置・電気工事・不用品の処分・ハウスクリーニング・家具の防虫ケア・ピアノの搬送などです。

業者によってさまざまなオプションがあり、依頼するとその料金が加算されます。

忙しくて引越しの梱包作業に時間がとれない人や、力仕事が苦手な人に便利なサービスですが、その分料金が膨れ上がるので予算に合わせた付帯サービスを選ぶことが大切です。

引っ越し料金が変動する理由

引っ越し料金は「基準運賃・基礎作業料金」を基本としますが、距離や引っ越しし時期、立地などによっても割増料金が加算されます。その要素には、次のようなものがあります。

時期的要因

引っ越し料金は時期によって変動します。大きく分けると「通常期(オフシーズン)」と「繁忙期(ハイシーズン)」の2つがあり、引っ越しする時期によって料金差が生じます。

卒業や進学、就職などで、引っ越しが多くなる2月下旬~4月上旬は繁忙期です。この時期は依頼が集中するので、価格設定も高くなります。業者によりますが、繁忙期は通常期の1.5倍~3倍に跳ね上がることも!

反対に通常期の中でも11月の引越しは、最も価格が安くなるというデータがあります。

また平日に引越しをするか、休日に引越しするかでも料金は変わります。休日の方が2割程度料金が割増しになるのが一般的。有給などを使ってスケジュールを調整できるならば、平日引越しを選ぶほうがお得です。

距離的要因

移動する距離が長いほど料金は高くなります。これは努力してどうにかできるものではないので、割増料金は仕方がありませんね。

時間的要因

引っ越し作業を午前に行うか、午後に開始するかでも料金は変わっていきます。

作業を午前に開始すると、予定時刻に狂いが生じにくいメリットがあるため利用者が多く、そのぶん料金が高くなりがちです。

料金を抑えたいのであれば、「午後の作業時間指定」や作業時間を指定しない「フリー便」などがおすすめです。

立地的要因

引っ越しの搬出と搬入場所によっても価格に変動が生じる場合があります。

例えばトラックが入り込めないような道幅が狭い場所は特殊車両が必要だったり、マンションであればエレベーターの有無などでも料金は変わります。

サービス内容

オプションを付帯すると引っ越し料金は上がります。梱包や荷ほどき、エアコンの取り外しや設置、ハウスクリーニングなど便利なサービスですが、業者に依頼すれば、そのぶん基本料金に加算されて料金はアップします。

安く抑えたいのであれば、荷造りや荷ほどき、クリーニング、不要品の処理などできることは自身で行いましょう。

埼玉で引越し料金を安くおさえる3つのコツ

埼玉でできるだけ料金をおさえて引っ越ししたいのであれば、下記の3つのポイントを実施してみましょう。

梱包や不要品の処理はできる限り自分で行う

できるだけ自分で引っ越しの準備をすることが、料金をおさえるコツです。

単身者の引っ越しはそれほど手間にならないと思いますが、ファミリーレベルになると、荷造りや梱包作業は膨大です。数週間前から計画的に荷物整理を始めてください。

長年使っていないものや不要品は、この機会に処分すれば荷物の量も減り料金が安くなることにつながります。リサイクルショップに売れるものであれば、お金を手にすることができるかもしれません。

引っ越し業者のオプションサービスは便利ですが、有料なものが多いので、できるだけ自分で処理して追加料金を取られないように試みてください。

可能であれば繁忙時期をずらす

3月や4月は引っ越しが多い繁忙時期です。この時期は通常期に比べて1.5倍から2倍はあたりまえ。それ以上の料金になってしまう業者もあります。

できることなら少し時期をずらして引っ越しをしましょう。

時期をずらすのが難しいのであれば、「平日引っ越し」や「時間お任せ(フリー)プラン」を選んでみるのもひとつの方法です。時間お任せプランとは、引っ越しをする日程だけを決めておき、引っ越し作業の開始時間は業者に合わせるプランです。休日の午前から作業スタートするより割安料金となります。

複数の業者の営業担当者と直接交渉する

簡易な見積もりは、ネットや電話で出すことができますが、引っ越しのプロである営業担当に直接下見に来てもらったほうが確実です。

直接会うことで、要望や予算に適するプランを詳しく説明してもらえたり、安くするためのアドバイスなども得ることができます。

中小業者の場合は、交渉次第で割引や何かしらのサービスをゲットできるかもしれません!

最新おすすめ引っ越し業者【東京・埼玉・神奈川・千葉編】
東京・埼玉・神奈川・千葉で格安に引越しをする方法
よい引越しのための段取りマニュアル
よくある引越しトラブル対処法
東京の住みたい街ランキング[最新版]

ページトップ