東京・神奈川・埼玉・千葉で探す!引越し業者ランキング » よくある引越しトラブル対処法 » キャンセル料金に注意

キャンセル料金に注意

気をつけたい引越しのトラブル、キャンセル料金について解説しています。どんな場合にキャンセル料金が発生するのか、キャンセル料を払わなくてよいケースとは?など、トラブルを避けるためにもぜひ情報をチェックして。

引越しトラブルに多いキャンセル料金の基礎知識

引越しキャンセル料のトラブル引越し業者を決定した後に何らかの理由でその契約を解除する場合、キャンセル料が発生することがあります。キャンセル料が発生する条件についてきちんと知っておくことが、トラブル回避のヒケツ。しっかりと情報をチェックしておきましょう。

キャンセル料金について

引越しのキャンセル料については、「標準引越運送約款」の第に二十一条に定められています。

これによれば、引越し前々日までにキャンセルを申し出れば料金は発生しないことになります。一般的な引越し業者は「標準引越運送約款」に基づいてキャンセル料を定めていますが、なかには独自の引越約款でキャンセル条件を決めている業者もあります。

引越約款は見積もりの際に利用者へ提示することが義務付けられていますから、きちんと記載された内容を確認しておきましょう。また、キャンセルには解約だけでなく延期も含まれるのでご注意を。

キャンセル料以外に発生する料金

引越しの契約をキャンセルした場合、業者から受け取っていたダンボール・ガムテープ等の梱包資材を返却または買い取る必要が出てきます。「無料サービス」と称されていても、これらの費用は引越し料金に含まれているからです。その他にも事前に受けていたサービスがあるなら、その費用も請求される可能性が出てきます。

ちなみに、ダンボールを返却する場合にかかる送料は意外と高くつくことが多く、買い取りについても業者の言い値となってしまいます。梱包資材等のサービスを受ける際には、キャンセルした場合に返却・買取の必要はあるのかだけでなく、具体的な料金はいくらくらいになるのかきちんと確認しておきましょう。

キャンセル料金を支払わなくてよいケース

キャンセル料が発生するのは引越しの前日・当日からになりますが、その前日・当日のキャンセルであっても料金が発生しないケースがあります。

まず、引越しの2日前になっても業者から内容確認の連絡がない場合です。標準引越運送約款(第三条第七項)によれば、引越し業者は利用者に対し、2日前までに見積書の記載内容についての確認(変更の有無など)をする必要があるとされています。この義務を怠った場合は、引越し前日・当日のキャンセルであっても料金は発生しません。

次に、利用者に責任がない場合です。引越しのキャンセル・延期の理由が業者の都合であった場合は、キャンセル料の発生は一切なし。業者の都合によるキャンセルはほとんどないと思いますが、そういった可能性については事前に聞いておいた方が安心でしょう。

こだわりで選ぶ東京の引越し業者ランキング

最新おすすめ引っ越し業者【東京・埼玉・神奈川・千葉編】
東京・埼玉・神奈川・千葉で格安に引越しをする方法
よい引越しのための段取りマニュアル
よくある引越しトラブル対処法
東京の住みたい街ランキング[最新版]

ページトップ