東京・神奈川・埼玉・千葉で探す!引越し業者ランキング » よくある引越しトラブル対処法 » 荷物の紛失・破損

荷物の紛失・破損

引越しのトラブルで最も多い、荷物の紛失・破損に対する対処法をまとめています。万が一のトラブル時に引越し業者とスムーズに交渉するコツや、利用者自身で気をつけるポイントについてもチェックしておいて。

引越し荷物の紛失・破損トラブルの対処法まとめ

引っ越し荷物の紛失・破損トラブルの対処法引越しのトラブルで最も多いとされるのが、荷物の紛失・破損。
そして、最も厄介なトラブルになりがちなのも、荷物の紛失・破損なのです。

引越約款では「荷物の紛失・毀損があった場合、利用者は3ヶ月以内に業者へその旨を通知しなければならない」となっています。業者との話し合いで解決すればよいですが、こじれたり納得がいかない場合などは、消費者センターや全日本トラック協会に訴えるという手段があります。しかし、これには大変な労力が必要となりますから、できるだけトラブルを回避できるよう、対処法をしっかりと心得ておきましょう。

荷物の破損

作業中に荷物が破損してしまうトラブルは、引越しにおいてありがちな事例。これは荷物だけでなく、家屋の床・壁などを傷つけられた場合も含まれます。作業中に破損が見つかった場合は、気がついたその場で業者に申し出ることが大切。因果関係がしっかり確認できれば、その後の補償などの話し合いも比較的スムーズになります。

しかし、自分の目の届かない所での破損や、作業終了後に破損に気づくケースもあります。時間が経てば経つほど因果関係を立証するのは難しくなり、解決しない例も多くなるので要注意。それを防ぐためにも、引越しが終了したら作業員と一緒に荷物・家屋などをチェックすることをおすすめします。

荷物の破損に関しては、自己防衛も重要です。割れ物などを梱包するときは誰が運んでも割れないよう厳重に行う、引越し前の状態をデジタルカメラなどで撮影しておく、などです。また、破損が認められた場合、どのような補償をしてくれるのかを聞いておくことも忘れずに。

荷物の紛失

荷物の紛失は、破損よりもさらに厄介なトラブル。まず、引越し作業との因果関係を立証しにくく、「そもそも本当にその荷物はあったのか」という問題になってしまうのです。引越し業者に紛失の損害賠償を求めるには、まず利用者が「確実にその荷物が存在したこと」を証明する必要が出てきます(第三者の証言など)。

こういったトラブルを防ぐためには、面倒でも梱包時の状態をデジタルカメラ等で撮影しておくのが有効。確固たる証拠があれば、引越し作業と紛失の因果関係を立証しやすくなります。さらに、荷物の1つ1つに通し番号を振っておき、番号を確認しながら業者に運び出してもらうのもよいでしょう。

最後に覚えておいてもらいたいのが、引越し業者が運べない荷物があるということ。現金・預金通帳・印鑑・キャッシュカード・宝石貴金属・有価証券などは、標準引越約款第4条第2項第2号により引越し業者は運ぶことができません。しかも、標準引越運送約款第24条第1項で補償の対象外となっているので注意しましょう。

こだわりで選ぶ東京の引越し業者ランキング

最新おすすめ引っ越し業者【東京・埼玉・神奈川・千葉編】
東京・埼玉・神奈川・千葉で格安に引越しをする方法
よい引越しのための段取りマニュアル
よくある引越しトラブル対処法
東京の住みたい街ランキング[最新版]

ページトップ